スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鈴木大拙とスエーデンボルグ

 今日は、よくコメントくれる「天使の羽根」さんの質問にお答えしましょうか。
 先生ってのがしっくりきませんが…。笑。
 
 確か、スェーデンボルグを日本に最初に紹介したのが、鈴木大拙さんだったと思います。鈴木大拙さんの経歴の初期ですね。仏教のことを語るようになってから、何故か、スェーデンボルグの事は一切語らなくなってしまいます。

 スェーデンボルグの本は、退屈と膨大ということでも有名で、正面突破しようと思うと、よっぽど好きでないとムリでしょう。この退屈というのは、よく紹介する『スピリットランド』の理由と同じです。


 ですので、私は、抜粋本、数冊読んで良しとしました。もう、その題名も忘れてしまった…。いろいろあるけど、確か「天国」「地獄」というキーワードがあった本も…? いつかのブログにも書きましたが、キリスト教徒でないと天国へ行けないような記述も中にはあり、ちょっと「ウっうん??」と思うことも。 アウトラインはこんな本でも楽しく解るしね。

 あの世の事を知りたいのなら、前述の『スピリットランド』の方が、解り易いと思います。主人公のファランツェッツオはまんま死人ですし、笑、キリスト教云々とは言わないし。でもこの本は絶版。あんなイイ本がね…残念です。

 たしか、お持ちの『鈴木大拙全集』のスェーデンボルグ論の中には、キレイナ逸話が紹介してあります。 

 私の記憶の中の抜粋なので細かいところ自信ありませんが。


●ある時、スェーデンボルグの家に、お友達の少女が遊びに来ました。
 少女はスェーデンボルグに「天使を見せて!見せて!」とせがむんです。

 それを聞いたスェーデンボルグは、少女に目隠しをして、大きな布をかぶせた板のある別室へ誘います。
 スェーデンボルグが、目隠しを取り、「目をあけてごらん」と少女に言うと、なんとその大きな板は鏡だったのです。
 鏡に写った少女の姿を指さして、優しく「これが天使なんだよ」と言ったそうです。


 別にロリコン趣味って訳じゃないですが。苦笑。
 この話はとってもキレイだと思います。
 実際、ロンドンで子供に出会う度、私もそう思っていました。

キューガーデン

 写真はロンドンのキューガーデンで遊ぶ、子供、天使ちゃんですね。水仙があの世って感じでいいかな。笑。

 実は、大拙さんについてもっと語りたいことがあるのですが、長くなるので、この辺で。私の尊敬する、李登輝さんもジョーゼフ・キャンベルさんも絶賛する最高の仏教学者です。前回の記事にも触れた、日本人が忘れた日本を、思いださせてくれる貴重な存在です。

 ちなみに大拙さんも正面突破しようとせず、入門書としては、
『大拙つれづれ草』 絶版
『東洋的な見方』 岩波
『禅と日本文化』 岩波

 なんかが入り易いです。ちなみに勿論上記三冊は旧漢字ではないですが、旧漢字は、初め「ウッ!!!」と思いますが、慣れればどってことないですよ。 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お知らせ
メインブログを アメーバに変更しました→
写真集
笑とる仏
『笑とる仏ー播磨の石棺仏を中心にー』   谷村新司さん推薦!    播磨の珍しい石棺仏を中心に、素朴な笑顔の石仏の写真集。700年近くもやさしく微笑み続けている石仏達を、さまざまな仏教名言と共に紹介する。この深い笑みはきっと心に響くと思います。巻末には地図もありますので、実際、仏様に会いに行くこともできます。勿論、関西限定書ではなく全国に通じる心の本です。 実質、私の4冊目の写真集。(読み:ワロトルホトケ)
Talking with Angels-ロンドンの天使達
「Talking with Angels-ロンドンの天使達-」 
鏡リュウジ氏の推薦文より
『天使、天使、天使!
この世界は、耳をすませれば天使の羽音に満ち満ちていて、うるさいくらい。たとえ一人でいたって、僕たちは孤独になんかなれっこないのです。この写真集はそのことを伝えてくれます。』 
 

Talking with Angels-イタリアの天使達
「Talking with Angels-イタリアの天使達」
   イタリア19世紀のみごとな墓地彫刻の写真集。
ダンテの『神曲』にならい「地獄」「煉獄」「天国」を彫刻を介し視覚で巡ることができる、美しい天使の本。
プロフィール

岩谷薫

Author:岩谷薫
カメラマン
1995 個展『身体感覚』
1998 個展『Angels of Brompton-祈りのすがた』
2005 写真集『Talking with Angelsーロンドンの天使達ー』
2006 写真集『Talking with Angelsーイタリアの天使達ー』
2008年 スピリチュアル雑誌『Sundari 』記事執筆
『yaso ヴィクトリアン』studio parabolica記事執筆
2009 デジタル印刷すらできない悪質出版社に捕まり、三冊目の天使の写真集が出版不能に。入校データまで全て完成している状態ですので、もし第三集の出版を御検討していただける出版社がございましたら、メールフォームからお気軽にメールしてみてください。第三集は最高傑作なのですが…。
2011 写真集『笑とる仏』実質、4作目の写真集。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。