スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地面から生える魔の手 イタリア地獄篇

地獄の手
 もう少し、イタリア地獄篇書いてみますか…。過去、名だたるシャーマン達も天国だけでなく地獄も巡っていますから。

 地面から生えて、母子にしのびよる、死神の手です。
 おそらく流行病か、出産の時に母子共に亡くなってしまったのかもしれません。 
 残された、人々の無念さがとても伝わりますが、日本人的発想では、何もそれを形にしなくても…とは思うのですが、直接表現というか象徴主義的表現で、今も訴えかけてくるものは充分ありますね…。確か等身大くらいの像だったと思います。
 
 地面から魔の手が生えてくるこうした墓地彫刻は、他にもイタリアで数点みたことがあります。それらも造形的には、とてもスバラシイのですが、あまりにも訴えかけてくるものが「痛すぎて」写真集では当然ですが、このブログでも紹介するのはためらうような作品もあります。何度も言いますが、造形的にはスバラシイのいですが…。
 当然ですが、撮ったけど発表していない天使達もいっぱいいます。
 以前紹介した日記にも書いていますが、私はある意味死神的で、天国へ行ける魂を選んで、刈り取っていたのかもしれません


 この写真はまだ、Talking with Anglesをして、紹介できるレベルのものだと思うので写真集でも紹介しました。もう亡くなって100年以上は経っているので、遺跡化というか、その無念感をずっと引きずってはおられず、成仏されておられるようなので…。時間も一つの解決法ですから…。

 地面から幽霊的なものが、生えてくるように現れるシーンって、イタリアだけじゃなく、実は中国の昔話でもそんなシーンは結構あるんですよ。(そういえば日本の昔話には、ほとんど無いよね。)
 極めつけは、私の兄が、幼少の頃、実際にそんなシーンを実像として見たことがあるそうな…!笑。そんなことを思うとありえる光景なのかもしれませんね。笑。

 私は幸いにして、霊的なものを実像として、見たことも撮ったことも無いので、なんとも言えませんが、「ここはヤバい」とか「何か居る」と感じることはよくあります。そんな場合は絶対近づきませんし、ましてや撮ったりはしません。だからかもしれません。

 墓地の撮影で、この感覚はとても大事で、この感覚だけでキレイナ魂を求めて、歩いて撮っていたと言って過言ではありません。行ってはいけない道や、撮ってはいけない天使達は、必ずあります。

 でも、この感覚は、別に特別なものじゃなくて、例えば人体を焼かないイタリアの墓地等に行くと、きっと誰でもすぐ解ると思いますよ。これはある意味、臨死体験的な経験だと思います。そうした、人生の教育の場をイタリア人は造ったわけです。

 だから、ドイツ人のニーチェも、フランス人のモーパッサンも、アメリカ人のマーク・トゥエインも、イタリア墓地の素晴らしさを絶賛していたんです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お知らせ
メインブログを アメーバに変更しました→
写真集
笑とる仏
『笑とる仏ー播磨の石棺仏を中心にー』   谷村新司さん推薦!    播磨の珍しい石棺仏を中心に、素朴な笑顔の石仏の写真集。700年近くもやさしく微笑み続けている石仏達を、さまざまな仏教名言と共に紹介する。この深い笑みはきっと心に響くと思います。巻末には地図もありますので、実際、仏様に会いに行くこともできます。勿論、関西限定書ではなく全国に通じる心の本です。 実質、私の4冊目の写真集。(読み:ワロトルホトケ)
Talking with Angels-ロンドンの天使達
「Talking with Angels-ロンドンの天使達-」 
鏡リュウジ氏の推薦文より
『天使、天使、天使!
この世界は、耳をすませれば天使の羽音に満ち満ちていて、うるさいくらい。たとえ一人でいたって、僕たちは孤独になんかなれっこないのです。この写真集はそのことを伝えてくれます。』 
 

Talking with Angels-イタリアの天使達
「Talking with Angels-イタリアの天使達」
   イタリア19世紀のみごとな墓地彫刻の写真集。
ダンテの『神曲』にならい「地獄」「煉獄」「天国」を彫刻を介し視覚で巡ることができる、美しい天使の本。
プロフィール

岩谷薫

Author:岩谷薫
カメラマン
1995 個展『身体感覚』
1998 個展『Angels of Brompton-祈りのすがた』
2005 写真集『Talking with Angelsーロンドンの天使達ー』
2006 写真集『Talking with Angelsーイタリアの天使達ー』
2008年 スピリチュアル雑誌『Sundari 』記事執筆
『yaso ヴィクトリアン』studio parabolica記事執筆
2009 デジタル印刷すらできない悪質出版社に捕まり、三冊目の天使の写真集が出版不能に。入校データまで全て完成している状態ですので、もし第三集の出版を御検討していただける出版社がございましたら、メールフォームからお気軽にメールしてみてください。第三集は最高傑作なのですが…。
2011 写真集『笑とる仏』実質、4作目の写真集。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。