スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毘沙門洞の毘沙門天石棺仏

毘沙門洞の毘沙門天
 仏のことも書かないとね…。加西市周遍寺の山奥にある、毘沙門洞というちょっとした洞窟にある毘沙門天です。
( 『笑とる仏』では版型の関係上、上下の岩が切れてしまいましたが、オリジナルはこんな感じで、上下の岩が放射状に毘沙門天の威光って感じしません?笑。毘沙門天の詳細な画像は写真集でみてね。)

 この石棺仏は数ある石棺仏の中でも、特に貴重で珍しく、よーく見ると、足の辺りに彩色の跡がはっきりと解ります(しま模様ね)。彫りはいたってまじめで、その様子から鎌倉時代の石棺仏である可能性がとても高いです。
 石棺仏は本来、その多くが彩色されていたらしいのですが、野ざらしが多く、現代では、その彩色跡が全く解らないのがほとんどです。
 そんな中、この毘沙門天は洞窟にあったため、比較的当時の彩色の様子が足などに残っている点はすごく珍しいと言えます。

 もう一つ、この石棺仏の珍しい点は毘沙門天像にあります。
 数ある石棺仏の中で、毘沙門天単体を彫った石棺仏は、これ以外、102ページの加東市、河高神社の石棺仏しか兵庫県下では確認されておらず、つまりほぼ全国で2体しか存在しないってことですね。彫りの様子や時代の古さから言うと、この石棺仏が一番でしょう。

毘沙門洞
 私が『笑とる仏』を作っている頃は、この石棺仏に関する資料がほとんど無かったのですが、最近はネット上に、鎌倉時代に書かれた『元亨釈書』という本に、法道仙人のもとに毘沙門天が現れた話などを見付けることができます。

 なるほど、そういう謂われもあるのかも知れませんね。ただ、毘沙門天(多聞天)は北方を守る仏神なので、法道仙人が降り立ったと言われる、一乗寺の東側にこの毘沙門洞が位置するのが少々、解せませんが…? まぁ、昔のこと故、真相は解りませんね。

 毘沙門天は、武運長久を願う神でもあるので、武士が作った可能性も高いです。
 ちなにみ武士が施主と考えられる石棺仏は、『笑とる仏』78ページの安養寺の石棺仏です。阿弥陀、毘沙門天、不動明王、の3体が彫られた、武士らしい特殊な並びの珍しいものです。不動明王も武士が信仰してましたからね。

毘沙門洞の道

 私は周遍寺からこの洞窟へ行く方法しか知らないのですが、周遍寺の裏山から壊れそうな「毘沙門洞」という立て看板だけをたよりに、こんな山路をひたすら20~30分トレッキングしました。ちょっと険しい道なので、正に「行」って感じですヨ。山路も人生と同じだなーとブツブツ思いながら歩いていましたよ…笑。(これは携帯電話の写真ね…)
 この山路はどうやら一乗寺に繋がっているらしく、法道仙人が、この毘沙門洞で休憩したとか…。こんな山に埋もれそうな道にも、永い歴史があるんですねぇ…。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お知らせ
メインブログを アメーバに変更しました→
写真集
笑とる仏
『笑とる仏ー播磨の石棺仏を中心にー』   谷村新司さん推薦!    播磨の珍しい石棺仏を中心に、素朴な笑顔の石仏の写真集。700年近くもやさしく微笑み続けている石仏達を、さまざまな仏教名言と共に紹介する。この深い笑みはきっと心に響くと思います。巻末には地図もありますので、実際、仏様に会いに行くこともできます。勿論、関西限定書ではなく全国に通じる心の本です。 実質、私の4冊目の写真集。(読み:ワロトルホトケ)
Talking with Angels-ロンドンの天使達
「Talking with Angels-ロンドンの天使達-」 
鏡リュウジ氏の推薦文より
『天使、天使、天使!
この世界は、耳をすませれば天使の羽音に満ち満ちていて、うるさいくらい。たとえ一人でいたって、僕たちは孤独になんかなれっこないのです。この写真集はそのことを伝えてくれます。』 
 

Talking with Angels-イタリアの天使達
「Talking with Angels-イタリアの天使達」
   イタリア19世紀のみごとな墓地彫刻の写真集。
ダンテの『神曲』にならい「地獄」「煉獄」「天国」を彫刻を介し視覚で巡ることができる、美しい天使の本。
プロフィール

岩谷薫

Author:岩谷薫
カメラマン
1995 個展『身体感覚』
1998 個展『Angels of Brompton-祈りのすがた』
2005 写真集『Talking with Angelsーロンドンの天使達ー』
2006 写真集『Talking with Angelsーイタリアの天使達ー』
2008年 スピリチュアル雑誌『Sundari 』記事執筆
『yaso ヴィクトリアン』studio parabolica記事執筆
2009 デジタル印刷すらできない悪質出版社に捕まり、三冊目の天使の写真集が出版不能に。入校データまで全て完成している状態ですので、もし第三集の出版を御検討していただける出版社がございましたら、メールフォームからお気軽にメールしてみてください。第三集は最高傑作なのですが…。
2011 写真集『笑とる仏』実質、4作目の写真集。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。