スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橋を造る想いと陰徳の昔話

 前回の記事のように、3つ(厳密には4つ)の橋になった石仏を紹介し、記事では「橋に使われ、ぞんざいに扱われていた」とも記しましたが、いま一つの考察として、どうやら、橋造りには、信仰的な意味があるものとも、考えられます。

 「陰徳」という言葉がありますよね。人知れず良い行いをするってことです。その反対は「陽徳」で「私が、いいことしました」って名前が解る良い行為のことですね。

 古来より、この陰徳の方が、徳の高い行為とされ、陰徳を積むことによって浄土へ行けるとか、陰徳を積むことによって運を上げるとかいわれてきました。

 過去、何の本で読んだのかすっかり、忘れてしまったのですが、最高の陰徳行為が、造寺、造仏、とならんで、実は「橋造り」だったりします。

 名もない橋を渡ると、知らず知らずの内に、人々はこの橋の恩恵を被りますよね。それが、最高の陰徳行為だと言われるのです。

 実は、この考え方は、日本のみならず中国にもあります。(中国の方がはじめかも知れませんが…笑)
 私の知っている中国の昔話では、死神に近寄られた主人公が、贖罪の為に橋を造れとの死神のアドバイスに従い、私財をなげうって橋を造ったところ、長寿で幸せになったという話です。

 これは橋造り=贖罪で、古来から意味があった行為と考えられます。

 そう考えていくと、この4つの橋になっていた石仏の意味も解るような気がするのです。あくまで仮説で、本当にぞんざいに扱われていたのかもしれませんが…笑。
 ただ、人の気持ちとして、仏の姿を型どった彫刻を、なんの意味も無しに橋にはしない可能性の方が高い気がするんですよ… バチ当たりなイメージがあるので…。
 ひょっとすると、贖罪の意味や、彼岸と此岸を渡す、ありがたい仏として、橋になっていた時代もあった可能性もありますね。 そう考えると面白いでしょ…僕だけか…苦笑。

 橋造りの想いはこんな昔話にも語られています。 とてもいいお話ですよ。


 この様に考えると、このお婆さんも、「橋造り=陰徳=浄土行き」という図式が頭の中にきっとあったはずです。
 一見、人々の為に、橋造りに情熱を燃やした、けなげな美しいお婆さんのように見えますが、実のところは、この「浄土行き」のみが、お婆さんの最終目標だったのかもしれません。

 以下、素直に昔話を見ていないかもしれませんが、笑、その証拠に、お婆さんは、人付き合い、めちゃくちゃ悪かったですよね。そこに、なんとなくエゴが見えますよね。「浄土行き」だけへの恐ろしいくらいの情熱です。

 その若干、歪んだ情熱の為に、志半ばで亡くなってしまったような気もするのです。 情熱に歪みがなければ、阿弥陀様は、お婆さんを橋の完成まで、生かしていたのかもしれません。

 この記事は、再三、私自身引用していますが、「志半ばで亡くなると」あるいは「未練を残して亡くなると」浮かばれないというか、化けて出てくるんですよ。浄土へは行けないわけです。
 このことが、この昔話では上手く表現できていますね…。あぁ、過去にこんな事も書いてましたね。

 お坊さんが気付いてあげて、成仏するシーンは泣けますね。笑。
 
 私も、このまま天使の写真集が出せなければ化けて出てきますね…苦笑。
(いや、無理なら無理で、Let it be ですけどね…いくらイイ作品でも今の人間界が嫌がっているのなら仕方なし…)

 でも、このお話は、歪んで見ても、素直に見ても、いずれにせよ、とてもイイお話です!
 何かに、一生懸命になっている姿は美しいですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お知らせ
メインブログを アメーバに変更しました→
写真集
笑とる仏
『笑とる仏ー播磨の石棺仏を中心にー』   谷村新司さん推薦!    播磨の珍しい石棺仏を中心に、素朴な笑顔の石仏の写真集。700年近くもやさしく微笑み続けている石仏達を、さまざまな仏教名言と共に紹介する。この深い笑みはきっと心に響くと思います。巻末には地図もありますので、実際、仏様に会いに行くこともできます。勿論、関西限定書ではなく全国に通じる心の本です。 実質、私の4冊目の写真集。(読み:ワロトルホトケ)
Talking with Angels-ロンドンの天使達
「Talking with Angels-ロンドンの天使達-」 
鏡リュウジ氏の推薦文より
『天使、天使、天使!
この世界は、耳をすませれば天使の羽音に満ち満ちていて、うるさいくらい。たとえ一人でいたって、僕たちは孤独になんかなれっこないのです。この写真集はそのことを伝えてくれます。』 
 

Talking with Angels-イタリアの天使達
「Talking with Angels-イタリアの天使達」
   イタリア19世紀のみごとな墓地彫刻の写真集。
ダンテの『神曲』にならい「地獄」「煉獄」「天国」を彫刻を介し視覚で巡ることができる、美しい天使の本。
プロフィール

岩谷薫

Author:岩谷薫
カメラマン
1995 個展『身体感覚』
1998 個展『Angels of Brompton-祈りのすがた』
2005 写真集『Talking with Angelsーロンドンの天使達ー』
2006 写真集『Talking with Angelsーイタリアの天使達ー』
2008年 スピリチュアル雑誌『Sundari 』記事執筆
『yaso ヴィクトリアン』studio parabolica記事執筆
2009 デジタル印刷すらできない悪質出版社に捕まり、三冊目の天使の写真集が出版不能に。入校データまで全て完成している状態ですので、もし第三集の出版を御検討していただける出版社がございましたら、メールフォームからお気軽にメールしてみてください。第三集は最高傑作なのですが…。
2011 写真集『笑とる仏』実質、4作目の写真集。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。