スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚の整理  都会の思想、田舎の思想

本
 本棚の整理は自分の頭の中の整理と同じです。
 でも引越以来、本は段ボールに入れたまま、2~3年ほとんど本棚に整理しませんでした。
 理由はいろいろあるのですが、究極的には、もう必要無かったからです。

 でも、最近、本棚を整理しなければいけない事情ができて、昨日、少し、整理してみました。東京に居た時は、よく勉強していましたヨぉ。笑。
 この整理をすると自分の思想の流れが解って面白いです。と、昨日までは面白かったのですが…。

 そして、今日、気付いたのすが、本を飾ると、既に、部屋の空気が重くなるんですよね…。
 本の背書きのパワーってんですか…。意識せずとも背書きは目に入り、読みますし…。読む度何事か思い出しますし…。 あるいは本そのものの存在感というパワーが重いですね…。

 特に、思想書系は重いです…。思想書を軽んじている訳ではなくて、
 若かりし頃の自分には、必ず必読なものでしたが、もう、自分の中で消化しているので、見ていて、お腹いっぱいになるんですよ…。胸焼けしそうなくらい。
それは体調が変わるくらい… 本の持っている気が強過ぎるんですよね…笑。

 東京を去った時、十牛図の6番目の画像、「騎牛帰家」を引き合いに出しましたが、今は7番目の画像「忘牛存人」の心境ですね。ボーとしています!笑。後は8番目の真っ白になるしかないか…笑。
 (「十牛図」の説明サイトは、どれもあまりお勧めできるサイトが無いので、興味のある方は適当に、自分に合うサイトで調べてね。)

 そして、本棚を見て、思うことは、「都会の思想」と「田舎の思想」って絶対その違いはあると思うんですよ…
 出版されるような思想書って、基本的に作者も都会に住んでいる場合が多く、今、この場で見てみると、「こだわらなくてもいいことまで、こだわってしまい」どれも、どことなく不健康なんですよ… 東京に居る時は、その不健康さが甘美だったり、共感できたりもしましたが…都会の思想ですね…。
 この健康か不健康かっていうことと、「こだわるべきことかどうか」がこの頃の私の中での大きな判断基準になっています。

 当たり前ですが、人間って、環境で思想も変わりまから。勿論、年齢でも露骨に変わりますし。

 今の自分の本棚の中で、私が自然に受け入れられるのは、みなさんも解るところでは『パパラギ』ですかね…。田舎の本の最右翼でしょう。笑。
 キャンベルさんも大拙さんもいいですけどね…。

 そう言えば、誰かが
「書をすてよ町へ出よう」

と言いましたが。町では全然不健康で、今の私は、

「書をすてよ山(海)へ出よう!」

ですかね。笑。  きっと開高健さんもこの心境だったハズ。(たしか、ハイジのお爺さんもそんなこと言ってたヨ。笑!)
写真という表現手段はその点、現場で出会えますからね。


 今日は、忙しいのに、まるで部屋の中の本達に脅迫されるように、こんな記事を書いて油を売ってしまいました! アセル!!!  ありますよね。忙しいのに別のことしちゃう心境。笑。

 あっ、でも、もちろん若い人は本を読むべきですよ。(いや、究極的には、パパラギ的には本を読むべきでないのかもしれませんが。笑)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お知らせ
メインブログを アメーバに変更しました→
写真集
笑とる仏
『笑とる仏ー播磨の石棺仏を中心にー』   谷村新司さん推薦!    播磨の珍しい石棺仏を中心に、素朴な笑顔の石仏の写真集。700年近くもやさしく微笑み続けている石仏達を、さまざまな仏教名言と共に紹介する。この深い笑みはきっと心に響くと思います。巻末には地図もありますので、実際、仏様に会いに行くこともできます。勿論、関西限定書ではなく全国に通じる心の本です。 実質、私の4冊目の写真集。(読み:ワロトルホトケ)
Talking with Angels-ロンドンの天使達
「Talking with Angels-ロンドンの天使達-」 
鏡リュウジ氏の推薦文より
『天使、天使、天使!
この世界は、耳をすませれば天使の羽音に満ち満ちていて、うるさいくらい。たとえ一人でいたって、僕たちは孤独になんかなれっこないのです。この写真集はそのことを伝えてくれます。』 
 

Talking with Angels-イタリアの天使達
「Talking with Angels-イタリアの天使達」
   イタリア19世紀のみごとな墓地彫刻の写真集。
ダンテの『神曲』にならい「地獄」「煉獄」「天国」を彫刻を介し視覚で巡ることができる、美しい天使の本。
プロフィール

岩谷薫

Author:岩谷薫
カメラマン
1995 個展『身体感覚』
1998 個展『Angels of Brompton-祈りのすがた』
2005 写真集『Talking with Angelsーロンドンの天使達ー』
2006 写真集『Talking with Angelsーイタリアの天使達ー』
2008年 スピリチュアル雑誌『Sundari 』記事執筆
『yaso ヴィクトリアン』studio parabolica記事執筆
2009 デジタル印刷すらできない悪質出版社に捕まり、三冊目の天使の写真集が出版不能に。入校データまで全て完成している状態ですので、もし第三集の出版を御検討していただける出版社がございましたら、メールフォームからお気軽にメールしてみてください。第三集は最高傑作なのですが…。
2011 写真集『笑とる仏』実質、4作目の写真集。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。