スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖書を読みました。キリスト教雑感

聖書_1
 この頃の読書、マンガで手を抜いています。笑。
 でもね、聖書は学生の頃からチャレンジしていたんですよ。
 旧約聖書は、あまりの分厚さと、登場人物が誰が誰だか解らなくなって、モーゼの出エジプトくらいで挫折…。
 新約聖書は、ホテルなんかに置いてある、あのチッコイ字の本でチャレンジ。目が痛くなり、やはりこれも挫折…。

 聖書は西洋美術や文化を知る上で、必ず必要なので勿論、断片的には知ってはいますが、今回、このマンガのおかげでお手軽に、知識の断片が一本繋がりになったので、その点はマンガと言えど、とってもイイ本だと思います! 各本、たった1~2時間で読めるしね。

 旧約聖書を改めて読んで、驚いたことは、神が戦争に加担したり、神の名の元に他民族を征服したり、一番ドギツイなと思ったのは、神みずから、何の罪も無いエジプト人の嬰児を大量殺略しているところです!
 いや~、困った神様ですねぇ… そう言えば思い出しましたが、私が旧約聖書読破出来なかったのも、こうした思想がいやだったからです…。さらに以前にも書きましたが、人を試さないとを解らないような神様はきらいです。試すという行為には必ず「卑しさ」が含まれています。

 神話学者のジョーゼフ・キャンベルさんは、「砂漠で生まれた宗教は敵をつくる。森で生まれた宗教は親和的」というような意味の事を語っていますが、これはキリスト教と仏教をあてはめてみると、的確だと思います。

 つまり、砂漠で生まれた宗教だから、仕方がないと言えば仕方がない神話かもしれませんね。荒れ地の地平線の向こうから、いつ敵が襲ってくるか解らないような地に住んでいると、どうしても、こうした宗教になってくるのでしょう。
 しかも土地自体がそんなに肥沃ではありませんし…モーゼの一行が荒れ地をさまよったように、どうしても侵略とは切っても切れない文明だった背景を思うと、仏教世界からの視点では、「全く異質」の世界観です。
 今回、改めてその根本がよく解りました。

聖書_2

 その点、新約聖書は、人間(神かな?)キリストの心の闘いの旅、みたいな感じで、良かったです。
 ある信念を持った人の生きざまですね。「裏切り」なんかもあって、人間らしいドラマっていうべきでしょうか…?
 特に、キリストの受難のところで、弟子のペテロが3度「キリストなんか知らない」と言ってしまうところなど、よく知られたシーンですが、マンガと言えど、私は泣きそうでした。笑。
 ペテロさん辛かったろーねぇ……。

 新約聖書は、パゾリーニの描く『奇跡の丘』っていう映画も良かった記憶が。
 やさしいキリストではなく、闘うキリスト ストイックなキリストみたいな感じが良かったです。確か、この映画、出演者全員が素人さんだった記憶が…??
 パゾリーニってすごいよね。『ソドムの市』みたいな映画作ったかと思うと、こんな宗教映画を作ったり… イタリア人的ですね。監督自身の死に方もスゴイし…。

 でもニーチェは、キリスト教を「ルサンチマンの宗教だ」といいましたけどね。
 つまり、「弱い人は幸いだ」的発想は、傷をなめあっているっていう視点です。
 ちょっと飛躍しているけど、一時期一世風靡したマリリン・マンソンなんかは、MTVのインタビューで「ニーチェを読め!」って言っているのを聞いて、私は「あー、この人、本気だなー」と感心したことがありました。西洋のロックって本気なヤツがいるから好きです。
 まさにニーチェは思想界の、ロックンロールやヘビーメタル級です。笑。ニーチェの『悲劇の誕生』なんて本は面白いですよ。特に若い人へお勧め。


 また話は変わりますが、ある日車の中で、NHKのインタビューのラジオ番組を聞いている時、ある老いた作家さんが、(移動中だったので、作家さんの名前など詳細解らず)

「たかだか、35才の若いキリストに、老いの苦しみなんて解るはずがない。」

 と言われて、「なるほどなぁ~」と感心してしまいました…。

 人それぞれ、歳相応の考え方ってあると思うんですよ。私ですら生きてきてそれを感じますし、先に、ニーチェの『悲劇の誕生』を若い人に勧めたように。
 老いて、体の自由が効かなくなると、絶対、考え方も変わりますしね…。年老いて初めて解る真理もきっとあるはずです。そういえば年齢についてはこんな事も書いていました
 だからその作家さんは80才まで生きたと言われている、ブッダの教えに傾倒すると言ってましたが。 この年齢と考え方は、とっても面白い視点だと思いましたよ。

 だから、仏教がいい。キリスト教がいい。って書くつもりなんて全然ありませんよ。信仰の自由ですし、おのおのいいところを取ればいいんじゃないかなと… この記事で触れた李登輝さんみたいに。

 以上、まさに雑感になってしまいましたが、マンガでもこれだけ考えたり書けたりできるので、マンガで手を抜いても、それなりに、良いのではないかと… 少なくとも知らないよりはいいですもんね… 笑。 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お知らせ
メインブログを アメーバに変更しました→
写真集
笑とる仏
『笑とる仏ー播磨の石棺仏を中心にー』   谷村新司さん推薦!    播磨の珍しい石棺仏を中心に、素朴な笑顔の石仏の写真集。700年近くもやさしく微笑み続けている石仏達を、さまざまな仏教名言と共に紹介する。この深い笑みはきっと心に響くと思います。巻末には地図もありますので、実際、仏様に会いに行くこともできます。勿論、関西限定書ではなく全国に通じる心の本です。 実質、私の4冊目の写真集。(読み:ワロトルホトケ)
Talking with Angels-ロンドンの天使達
「Talking with Angels-ロンドンの天使達-」 
鏡リュウジ氏の推薦文より
『天使、天使、天使!
この世界は、耳をすませれば天使の羽音に満ち満ちていて、うるさいくらい。たとえ一人でいたって、僕たちは孤独になんかなれっこないのです。この写真集はそのことを伝えてくれます。』 
 

Talking with Angels-イタリアの天使達
「Talking with Angels-イタリアの天使達」
   イタリア19世紀のみごとな墓地彫刻の写真集。
ダンテの『神曲』にならい「地獄」「煉獄」「天国」を彫刻を介し視覚で巡ることができる、美しい天使の本。
プロフィール

岩谷薫

Author:岩谷薫
カメラマン
1995 個展『身体感覚』
1998 個展『Angels of Brompton-祈りのすがた』
2005 写真集『Talking with Angelsーロンドンの天使達ー』
2006 写真集『Talking with Angelsーイタリアの天使達ー』
2008年 スピリチュアル雑誌『Sundari 』記事執筆
『yaso ヴィクトリアン』studio parabolica記事執筆
2009 デジタル印刷すらできない悪質出版社に捕まり、三冊目の天使の写真集が出版不能に。入校データまで全て完成している状態ですので、もし第三集の出版を御検討していただける出版社がございましたら、メールフォームからお気軽にメールしてみてください。第三集は最高傑作なのですが…。
2011 写真集『笑とる仏』実質、4作目の写真集。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。