スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陰陽師のメッカ、播磨の地(血)と不思議な体験

正岸寺
 前回の記事で、長文になるので書ききれなかったことです。
 
 実は、播磨は平安時代の陰陽師のメッカだったんです。前回あげた芦屋道満だけではなく、播磨には多くの陰陽師が生まれたり、修行した場所なのです。

 例えば、安倍晴明に2人の式神を隠された話で有名な、知徳法師も播磨出身。弓削是雄は今の姫路市飾磨出身。滋岳川人は、丹波出身だけれども、播磨で陰陽道の勉強をした人です。弓削、滋岳とも、当時の律令国家の占いや歴を司る、陰陽寮のトップの人です。解り易い人物説明はこのサイトを見てね。
 そして、日本の陰陽道の祖師とも言われる吉備真備が、建てたと言われる姫路の広峯神社は、陰陽道と関係が非常に深い牛頭天王を祀っていて、播磨陰陽道のひとつの中心地になっていたものと思われます。この辺の詳しい事は、このサイトを見てね

 何故、播磨で陰陽道が盛んになったかは、7~8世紀頃インドから渡来し、山岳仏教、修験道などを広めた法道仙人(播磨には法道仙人、開基という寺が多い)という人と、先に書いた牛頭天王(これは神様、明石に垂迹したという話もあるらしい)の2つの影響が大きいと、ものの本に書いてありました。
 もちろん、神様が実際に降り立ったわけではなくて、牛頭天王を信仰する渡来集団が、明石に来たと捉えるのが、正常ですね。笑。

 つまり、渡来人の文化が、播磨には古くから多くあったということです。『播磨鑑』にも渡来人が多く住んでいたとの記述があるそうです。
 そう言えば、古墳も元は、渡来の文化ですから、播磨に古墳が全国一多いのもうなづけますね。(新羅の国の形式の古墳が多いそうですよ)
 そう考えると、私の顔つきも渡来系なんです。笑。

 そんなことにまつわる、不思議な体験を一つ御紹介します。

正岸寺の石棺仏
 十年以上前なんですが、私が、占いや陰陽道に興味を持ち始め、その流れで、京都の清明神社に訪れた事がありました。
 神社に入ったとたん、体中が何故かワサワサするんです! 気持ちの良いたぐいの感覚ではありません…。この異様なワサワサ感はしだいに激しくなり、ちょうど『もののけ姫』に出て来る男の子の主人公、「アシタカ」の右腕に付いたケロイドのような傷が、グニュグニュっ!!と疼く、正にあんな感覚になってきたんです。

 なんだか、体中が疼き震え出したので、とっても「ヤバい!」と思い、足早に清明神社を後にした思い出がありますヨ。
 神社はいろいろ訪れていますが、こんなに体が反応して「ヤバい」とまで思う神社に出会ったのは後にも先にもありません!

 当時は、芦屋道満が播磨出身だなんて知りませんでしたし、「なんだか、全然合わない神社だなー」としか思いませんでしたが、この播磨の陰陽師集団の事を知り、やっとその疼きの理由が解った思いでした。

 播磨の陰陽師集団は、もちろん安倍晴明がきらいですし、対抗意識を燃やしていたそうですから。笑。(私自身は安倍晴明をそこまで嫌ってませんよヨ。笑)

 この経験を通して、後に私は、播磨の陰陽師達と似た血を持っているんだなーと思ったものです。
 昔は、そんな事実を全然知らずに、極自然に、占いの本や西洋魔術の本を、好き好んで読んでいたものですが…なんとなく、その動機の根底にあるものが見えた思いでした。

 アートをするような人は必ず、シャーマン(巫女、ひいては陰陽師のような)の素養がないといけません。これは、そもそもアートの成り立ちが、宗教と密接に関わっているという、古代の造形の数々を見ると、すぐに解ることです。

 アーティストは少なからず、シャーマンです。(よく製作中、「降りてきた」とかもいいますよね)そういった意味からも、過去記事で書いた、同じ播磨の陰陽師の血が流れる、シャーマンとしての三島由紀夫さんにも、私は魅かれる訳です。天使や地蔵、「英霊の聲」を聞くんです。
 
 今日は、長く書いてしまいました。写真は、芦屋道満の屋敷跡だったといわれる正岸寺です。たまたまお庭の剪定をされているところ。ここには芦屋道満の木像なんかも祀ってありますよ。道満さんのいいお話なんかも聞けるかも?使われていない古代の石棺なんかもあった記憶が…。
 次の写真は、正岸寺にある石棺仏。 これは芦屋道満と特に関係ない石仏ですけどね。摩滅してお顔もなにも解らなくなっています。でもこの造仏の形式は高砂などに多く見られる形です。石工(集団)のクセがあるのでしょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お知らせ
メインブログを アメーバに変更しました→
写真集
笑とる仏
『笑とる仏ー播磨の石棺仏を中心にー』   谷村新司さん推薦!    播磨の珍しい石棺仏を中心に、素朴な笑顔の石仏の写真集。700年近くもやさしく微笑み続けている石仏達を、さまざまな仏教名言と共に紹介する。この深い笑みはきっと心に響くと思います。巻末には地図もありますので、実際、仏様に会いに行くこともできます。勿論、関西限定書ではなく全国に通じる心の本です。 実質、私の4冊目の写真集。(読み:ワロトルホトケ)
Talking with Angels-ロンドンの天使達
「Talking with Angels-ロンドンの天使達-」 
鏡リュウジ氏の推薦文より
『天使、天使、天使!
この世界は、耳をすませれば天使の羽音に満ち満ちていて、うるさいくらい。たとえ一人でいたって、僕たちは孤独になんかなれっこないのです。この写真集はそのことを伝えてくれます。』 
 

Talking with Angels-イタリアの天使達
「Talking with Angels-イタリアの天使達」
   イタリア19世紀のみごとな墓地彫刻の写真集。
ダンテの『神曲』にならい「地獄」「煉獄」「天国」を彫刻を介し視覚で巡ることができる、美しい天使の本。
プロフィール

岩谷薫

Author:岩谷薫
カメラマン
1995 個展『身体感覚』
1998 個展『Angels of Brompton-祈りのすがた』
2005 写真集『Talking with Angelsーロンドンの天使達ー』
2006 写真集『Talking with Angelsーイタリアの天使達ー』
2008年 スピリチュアル雑誌『Sundari 』記事執筆
『yaso ヴィクトリアン』studio parabolica記事執筆
2009 デジタル印刷すらできない悪質出版社に捕まり、三冊目の天使の写真集が出版不能に。入校データまで全て完成している状態ですので、もし第三集の出版を御検討していただける出版社がございましたら、メールフォームからお気軽にメールしてみてください。第三集は最高傑作なのですが…。
2011 写真集『笑とる仏』実質、4作目の写真集。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。