スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運気について

蓮
 数日前、バットなニュースが舞い込んできて、更新する気力が急に失せました…。笑。 
 7月にとある計画を実行するはずでしたが、延期になってしまい、8月ということになり、それに向けて気合いを入れていたのですが、今度の知らせは更に9月に延期とのことで、ちょっとテンション下がってしまいました………。

 勿論、誰が悪いって言ってる訳ではないんですヨ! 強いて言うなら私の運気が無かったってことなんですヨ…。
 
 四柱推命をちょっと勉強すれば解るのですが、私の運気はこの一年の中では、8月が底だという事は以前から知っていて警戒していたんです…。
 だから、バットなニュースが舞い込んだ時、第一の感想は「あー!!!………、そこに出たか……そうきたか………」というものでした…。

 ちょっと運気の流れを知っていると、バットなニュースが流れても、心の準備があるので、動揺しませんヨ…(っか、記事に書いているくらいだから充分、動揺しているんですが。苦笑!! …ちょっと、今日の記事は自分に対しての言い聞かせ系、自分への、けじめ系なのです…)

 風水では「天の気」「人の徳」「地の気」この三つが合わさって、初めて良い結果が出るとされています。
 「天の気」は、雨水の流れと捉える考え方もあるのですが、ここでは「時間」という捉え方で、語ります。

 中国には(その影響を受けた日本にも…)吉日吉時という考え方があります。
 良い日に行動を起こすと、良い結果が得られるって考え方ですね。逆に、悪い日に行動を起こすと、良くない結果が出るということです。
 その昔、軍の進め方なんかで発展した奇門遁甲などは、その最たるものです。

 この考え方のイメージは、掛け違いのボタンによく喩えられます。
 つまり、初めて行動を起こした時、天の気であるボタンの掛け位地を誤ると、いつまでたっても、天の気と合わない、ボタン位地になってしまうって事です。
(もしかして、歴史上の人物で「生まれるのが早過ぎた」「生まれるのが遅過ぎた」とか評される人も、ひょっとして、これかもよ??)

 つまり、そのボタンの掛け位地を知るのが四柱推命だったりします。実は、風水と四柱推命は密接な関わりがあるのです。

 風水はどうしても「地の気」ばかりが注目されがちですが、本来は残りの「天の気」「人の徳」にも注目すべきなんですよ…

 まぁ…、そう考えると、「底の運気の時に、妙な行動を起こさなくて良かった」ってことなんでしょうが???? 底の運気の時はあまり、目立った行動をしないのが得策ですから…。

 「人間万事、塞翁が馬」って言いますしね……。人間の浅はかなイメージで(短いレーダーで)先の事なんて全然解りませんから…。ちょっとカジッタ勉強くらいの私も先の事は解りません…。

 まぁ、気を落ち着かせて時期を待つってことでしょうか???運気も少しは上がる9月に気分一新、できればいいですね…。

 写真の蓮も、「天の気」「地の気」、人徳は知りませんが…笑。(あっ! 植えて育てた人か…) で、美しく咲いている訳です…。 しかもドロ水から。

 関係無いけど、芥川龍之介さんの小説に(題名忘れた)、亡くなったお坊さんの口から、蓮の花が咲いたって言う、シーンがあって、何故か中学生の頃から、その美しいイメージが残っていて、こんな写真、撮りました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お知らせ
メインブログを アメーバに変更しました→
写真集
笑とる仏
『笑とる仏ー播磨の石棺仏を中心にー』   谷村新司さん推薦!    播磨の珍しい石棺仏を中心に、素朴な笑顔の石仏の写真集。700年近くもやさしく微笑み続けている石仏達を、さまざまな仏教名言と共に紹介する。この深い笑みはきっと心に響くと思います。巻末には地図もありますので、実際、仏様に会いに行くこともできます。勿論、関西限定書ではなく全国に通じる心の本です。 実質、私の4冊目の写真集。(読み:ワロトルホトケ)
Talking with Angels-ロンドンの天使達
「Talking with Angels-ロンドンの天使達-」 
鏡リュウジ氏の推薦文より
『天使、天使、天使!
この世界は、耳をすませれば天使の羽音に満ち満ちていて、うるさいくらい。たとえ一人でいたって、僕たちは孤独になんかなれっこないのです。この写真集はそのことを伝えてくれます。』 
 

Talking with Angels-イタリアの天使達
「Talking with Angels-イタリアの天使達」
   イタリア19世紀のみごとな墓地彫刻の写真集。
ダンテの『神曲』にならい「地獄」「煉獄」「天国」を彫刻を介し視覚で巡ることができる、美しい天使の本。
プロフィール

岩谷薫

Author:岩谷薫
カメラマン
1995 個展『身体感覚』
1998 個展『Angels of Brompton-祈りのすがた』
2005 写真集『Talking with Angelsーロンドンの天使達ー』
2006 写真集『Talking with Angelsーイタリアの天使達ー』
2008年 スピリチュアル雑誌『Sundari 』記事執筆
『yaso ヴィクトリアン』studio parabolica記事執筆
2009 デジタル印刷すらできない悪質出版社に捕まり、三冊目の天使の写真集が出版不能に。入校データまで全て完成している状態ですので、もし第三集の出版を御検討していただける出版社がございましたら、メールフォームからお気軽にメールしてみてください。第三集は最高傑作なのですが…。
2011 写真集『笑とる仏』実質、4作目の写真集。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。