スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北条石仏 加西の五百羅漢

五百羅漢_1
 写真のように、加西市の羅漢寺には、沢山の素朴な造形の石仏があります。その造形一つ一つはスバラシク、『笑とる仏』の表紙、裏表紙にも採用したごとく、ほとんど、石仏界の円空仏という趣きです!下手、上手いなんて超越した無心の美です。

 造年代は諸説あり、基本的にナゾと言われているのですが、最近読んだ古い史料には、小谷城主 赤松祐尚が嘉吉の乱の戦没者を弔うために造ったらしいとあり、少々、なるほどーなぁと思っています。
 小谷城は、羅漢寺から北へ約700mくらいの陽松寺の裏山に、今も城跡があるそうですよ。

五百羅漢_2
 年代判定の有力史料として、このモノクロ写真の左の仁王さんには、慶長十六年(1611年)の銘が彫ってあるらしく、嘉吉の乱とは170年ものへだたりがあるのですが、もしかしたら、この仁王像は、江戸時代の後付けだったのかもよ…??
 そう言えば、彫りの様子が羅漢とはちょっと違うような気もしないでは、ありません…???

 説明し遅れましたが、このモノクロ写真は大正10年の写真。このように昔は薮の中にバラバラに散乱していたものを、大正15年に羅漢寺が一箇所にまとめたものだそうです。
 携帯写真の複写なので、ちょっとボケてますが、奥に4人、着物を着た当時の人が立っています。(この写真はクリックすると大きくなりますよ。よく見るとなんだか「あの世の入り口」みたいな趣きのある写真ですネ。奥へ行っちゃうと別世界になっちゃいそうな…笑)
 「五百羅漢」と書いてある看板は、どう見ても当時の写真合成で、後から手書きで書いたものですね。当時は看板も無く放置されていたのでしょう。

 嘉吉の乱説が正しければ、戦で死体の山を見た時、供養のために、石仏を一体一体造った、その気持ちはとてもよく解ります。バラバラに散乱していたのも、実際は、亡くなった人の場所だったりして…??
 でも、裏表紙の石仏のように、スゲー笑っているのもイイですね。表紙の顔は、全てを見てきたようなアルカイックスマイルですね。まさに仏の笑顔です。

真宗の妙好人 浅原才市は
●『わしのこころは あなたのこころ 
  あなたのこころが わたしのこころ
  わしになるのが あなたのこころ』

と言ってます。才市は「あなた=阿弥陀」という感覚で詠っているのでしょうが、この言葉は阿弥陀のみならず、こうした造形を前にすると、私は石仏であり、あなたであり、私であり、草木であり、万物や地球ですらあることに、ふと思いをはせることがあります。これは華厳経の言うところです。
 北条石仏に訪れると必ず、親や知り合いに似た石仏に出会えるというそうです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お知らせ
メインブログを アメーバに変更しました→
写真集
笑とる仏
『笑とる仏ー播磨の石棺仏を中心にー』   谷村新司さん推薦!    播磨の珍しい石棺仏を中心に、素朴な笑顔の石仏の写真集。700年近くもやさしく微笑み続けている石仏達を、さまざまな仏教名言と共に紹介する。この深い笑みはきっと心に響くと思います。巻末には地図もありますので、実際、仏様に会いに行くこともできます。勿論、関西限定書ではなく全国に通じる心の本です。 実質、私の4冊目の写真集。(読み:ワロトルホトケ)
Talking with Angels-ロンドンの天使達
「Talking with Angels-ロンドンの天使達-」 
鏡リュウジ氏の推薦文より
『天使、天使、天使!
この世界は、耳をすませれば天使の羽音に満ち満ちていて、うるさいくらい。たとえ一人でいたって、僕たちは孤独になんかなれっこないのです。この写真集はそのことを伝えてくれます。』 
 

Talking with Angels-イタリアの天使達
「Talking with Angels-イタリアの天使達」
   イタリア19世紀のみごとな墓地彫刻の写真集。
ダンテの『神曲』にならい「地獄」「煉獄」「天国」を彫刻を介し視覚で巡ることができる、美しい天使の本。
プロフィール

岩谷薫

Author:岩谷薫
カメラマン
1995 個展『身体感覚』
1998 個展『Angels of Brompton-祈りのすがた』
2005 写真集『Talking with Angelsーロンドンの天使達ー』
2006 写真集『Talking with Angelsーイタリアの天使達ー』
2008年 スピリチュアル雑誌『Sundari 』記事執筆
『yaso ヴィクトリアン』studio parabolica記事執筆
2009 デジタル印刷すらできない悪質出版社に捕まり、三冊目の天使の写真集が出版不能に。入校データまで全て完成している状態ですので、もし第三集の出版を御検討していただける出版社がございましたら、メールフォームからお気軽にメールしてみてください。第三集は最高傑作なのですが…。
2011 写真集『笑とる仏』実質、4作目の写真集。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。