スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スバラシイィ民話!!北海道『あの世のいりぐち』

 
 数日前、いつものようにYouTubeで聖歌を聞きあさっていたら、ナゼカ、「まんが日本昔ばなし」を発見!
 YouTubeで見れるんですね!てか、勝手にアップしていいのかな?って感じですが、でも、やっぱ「まんが日本昔ばなし」はスバラシイっすよ!!

 ちゃんと昔話を伝えられる、語り部が居なくなった昨今、「まんが日本昔ばなし」の文化的重要度って増々、増えていると思います。子供も大人も民話からものすごい生きる知恵を学べるんですから…。
(そう言えば、水木しげる翁も、「ノンノン婆」って言う語り部のお婆さんが近所に居て、しげる君に多大な影響を与えたよね。)

 あくまで視聴者側だけの意見ですが、「まんが日本昔ばなし」だけは誰もが無料で気軽に見れる、「日本人の魂の貴重なアーカイブとして」こんな感じで解放していただきたいですね… あくまで勝手な意見ですが…。

 ツイ、ツラツラと数話、見てしまい、今更ながらに思いますが、現代のガンバレバ何でも出来る、あるいは勧善懲悪的なマヌケなアニメよりも、強烈に理不尽な悲劇などを子供に伝える民話の姿勢って本当にすばらしい! 
 さらに民話という「ポエム」でしか伝えられない真実というのが絶対あるんです。
 これは子供にとって、いや大人でさえ、かなりイイ教育ですよ!

 そんな中で、スンゲー、北海道の民話を発見したので御紹介。
 まずは、見てください。


 これは、まんま臨死体験です! 
 私はこんな本あんな本を読んでいるので、この民話の整合性が、逐一すごく解るんです! あの世は正に、想念の世界で、正に理想郷、あるいはこの世とあまり変わらない世界になるんですね…。おそらく立派なシャーマンか、本当の臨死体験者が経験し、語り伝えたお話でしょう。
 『Talking with Angelsーイタリアの天使達ー』の後書きにも少し触れましたが、これは一つの子宮感覚なんです。暗いトンネルを抜けるのは、正に産道通過と同じです。死ぬ場合はそれを逆行しているワケですが…。(よく、臨死体験者はこれをトンネル感覚と言います。そういえばちなみに、過去、こんな事も書いていました。
 洞窟=子宮=パラダイス(ヘブン)。っていう図式は人類学的には非常にポピュラーで、中国にも洞窟をくぐって行く桃源郷の話が有名ですね。
 古代の、屈葬にした甕棺墓も子宮イメージですし、沖縄の亀甲墓も子宮をかたどっています。子宮の形で、異界や大地に人霊を返すワケです。
 そうすると、女性のアソコは、間違いなく異界の出口ですよね。笑!

 この民話、私の蔵書の中で調べてみましたが、北海道各地にこのお話はあるそうです! さすが、私の尊敬する民族の一つであるアイヌ民族ですねぇぇ~。死後に対してもスコブル鋭敏です!!! 狩猟採集民だったからでしょう!農耕民にこうした生命感覚の鋭さはないかもよ。
 各地、話のパターンは若干違うのですが、亡くなったはずの若妻の後を追っていくうちに夫が洞窟に入っていくパターンが多いそうです。(古事記のイザナミとイザナギみたいですね。古事記の方に影響があったのやもしれません?) 犬が侵入者を見付けるのは同じです。
 さらに死んだはずの異界の親類に「来ちゃいかん!」と侵入者がたしなめられ、帰るパターンもあるそうですよ。これなどは、現代人の臨死体験証言者とまったく同じですね!

 この洞窟はアイヌの言葉で「オマンルパロ」(あの世への入り口という意味らしい)って言うそうです。「オッ、ぉ、おまん…笑!」やっぱ女陰の響きに似てる!とニヤケテいるのは私ダケ?爆!  (万が一、語源の共通性なんかが見つかればおもしろいですよね。 ちなみに風水の最高の吉地も、女陰の形をした土地だと古くから言われていますヨ。)

 洞窟は、北海道も沖縄と同じように、昔は死者を葬る場所だったんですよ!洞窟墳墓と言います。 正に、先に述べた「子宮に戻す」感覚なんですよね!異界の入り口だったわけです。私が墓好きなのも、正に墓場は異界の入り口だからです。ダンテのベアトリーチェは「せちに、帰りたいところ」といいましたが。

 こんな素朴な民話を聞くと、死ぬこと、恐くなくなりませんか?笑! 勿論、痛いや苦しい、病苦で、死ぬのは私もイヤですよ。でも異界へ行くことへの恐怖心はあまり無いですねぇ~。
 この話にもあったよう、異界からこちらへ来る人も、我々には見えないんでしょうね! 犬やシャーマンに気付いてもらわなきゃ。笑。

 非常によくできた、スバラシイ民話でつ!
 日本昔話 だいすき-!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お知らせ
メインブログを アメーバに変更しました→
写真集
笑とる仏
『笑とる仏ー播磨の石棺仏を中心にー』   谷村新司さん推薦!    播磨の珍しい石棺仏を中心に、素朴な笑顔の石仏の写真集。700年近くもやさしく微笑み続けている石仏達を、さまざまな仏教名言と共に紹介する。この深い笑みはきっと心に響くと思います。巻末には地図もありますので、実際、仏様に会いに行くこともできます。勿論、関西限定書ではなく全国に通じる心の本です。 実質、私の4冊目の写真集。(読み:ワロトルホトケ)
Talking with Angels-ロンドンの天使達
「Talking with Angels-ロンドンの天使達-」 
鏡リュウジ氏の推薦文より
『天使、天使、天使!
この世界は、耳をすませれば天使の羽音に満ち満ちていて、うるさいくらい。たとえ一人でいたって、僕たちは孤独になんかなれっこないのです。この写真集はそのことを伝えてくれます。』 
 

Talking with Angels-イタリアの天使達
「Talking with Angels-イタリアの天使達」
   イタリア19世紀のみごとな墓地彫刻の写真集。
ダンテの『神曲』にならい「地獄」「煉獄」「天国」を彫刻を介し視覚で巡ることができる、美しい天使の本。
プロフィール

岩谷薫

Author:岩谷薫
カメラマン
1995 個展『身体感覚』
1998 個展『Angels of Brompton-祈りのすがた』
2005 写真集『Talking with Angelsーロンドンの天使達ー』
2006 写真集『Talking with Angelsーイタリアの天使達ー』
2008年 スピリチュアル雑誌『Sundari 』記事執筆
『yaso ヴィクトリアン』studio parabolica記事執筆
2009 デジタル印刷すらできない悪質出版社に捕まり、三冊目の天使の写真集が出版不能に。入校データまで全て完成している状態ですので、もし第三集の出版を御検討していただける出版社がございましたら、メールフォームからお気軽にメールしてみてください。第三集は最高傑作なのですが…。
2011 写真集『笑とる仏』実質、4作目の写真集。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。