スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

布袋さんの詩


 布袋というと、今の人はまず、布袋寅泰さんを連想されるそうで困りますが違います。笑。
 七福神の布袋さんね。唐の時代に実在したお坊さんらしい。とすると七福神の中で唯一、実在の人間ってことですね。

 前回の日本最古の石仏の横に、写真集では、布袋さんの以下の詩を添えました。

●『弥勒 真に弥勒 分身千百億
時々に時人に示せども
時人自ら識らず。』

 この句は、私の最も辛い時期、2009年の年始に、過去紹介しました…。
当時のようにレベルの低い意味から高い意味まで解釈できる、昔から大好きな句です。最低な時代だったな…。至極当然ですが、避けられない災難はあります。厄年も。
 弥勒を仏に替えた方が、意味が解り易いかもしれません。

 仏は、私にもあなたにも、野の草にも、万物に居るが、なかなか気付いてもらえない。ってことですね。

 これを石棺仏にあてはめても、当たっており、めちゃくちゃ珍しく歴史のある石仏にもかかわらず、地元の人でさえその存在をほとんど知らなというのが、みごとに当てはまります。600~700年も示しているのに。

上三草の磨崖仏
 特に野の石仏は、(特に崖に彫ってある磨崖仏は)石から、仏が現れ出ているようで、この布袋の句を正に、地で行く感じでいいですね!
 この、万物から神仏が現れることを「化現」(けげん)といいます。
 『笑とる仏』は正に化現の写真集です。
(円空さんなんかは、生木に仏を彫りましたが、アレもそうです。)

 なにもこの考え方は、日本特有、あるいは東洋特有の考え方ではなくて、いつか少しふれたグノーシスの経典『トマスによる福音書』の中でもキリストは

●『木を切ってごらんなさい。私はそこにいます。石を持ち上げてみなさい。私はそこにいます。」

とか

●『神の王国はこの地に満ちているけれども、人間の目には見えない』

とか言ってるんですよ。布袋の句と意味は同じです。(それを異端扱いしてはいけませんね)

 これらの万物に一体となる思想は、キリスト教(異端視されている方ね)だけでなく、アメリカ先住民や、アボリジニ、など、世界中の文化の民族が伝えているところなのです。現代こそこうした感覚を大事にしなければいけないのかもしれません。

 写真は加東市の「上三草(かみみぐさ)の磨崖仏」。この写真ではただの岩にしか見えないでしょうが、写真集でじっくり見ると「3Dの眼トレ」のように鎌倉時代の地蔵が化現してくるのです。笑。
 この岩に、この枯れ葉に、この木に、神や仏、あなたや私が居るってことですね。分身千百億。

『時々に時人に示せども
時人自ら識らず。』

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お知らせ
メインブログを アメーバに変更しました→
写真集
笑とる仏
『笑とる仏ー播磨の石棺仏を中心にー』   谷村新司さん推薦!    播磨の珍しい石棺仏を中心に、素朴な笑顔の石仏の写真集。700年近くもやさしく微笑み続けている石仏達を、さまざまな仏教名言と共に紹介する。この深い笑みはきっと心に響くと思います。巻末には地図もありますので、実際、仏様に会いに行くこともできます。勿論、関西限定書ではなく全国に通じる心の本です。 実質、私の4冊目の写真集。(読み:ワロトルホトケ)
Talking with Angels-ロンドンの天使達
「Talking with Angels-ロンドンの天使達-」 
鏡リュウジ氏の推薦文より
『天使、天使、天使!
この世界は、耳をすませれば天使の羽音に満ち満ちていて、うるさいくらい。たとえ一人でいたって、僕たちは孤独になんかなれっこないのです。この写真集はそのことを伝えてくれます。』 
 

Talking with Angels-イタリアの天使達
「Talking with Angels-イタリアの天使達」
   イタリア19世紀のみごとな墓地彫刻の写真集。
ダンテの『神曲』にならい「地獄」「煉獄」「天国」を彫刻を介し視覚で巡ることができる、美しい天使の本。
プロフィール

岩谷薫

Author:岩谷薫
カメラマン
1995 個展『身体感覚』
1998 個展『Angels of Brompton-祈りのすがた』
2005 写真集『Talking with Angelsーロンドンの天使達ー』
2006 写真集『Talking with Angelsーイタリアの天使達ー』
2008年 スピリチュアル雑誌『Sundari 』記事執筆
『yaso ヴィクトリアン』studio parabolica記事執筆
2009 デジタル印刷すらできない悪質出版社に捕まり、三冊目の天使の写真集が出版不能に。入校データまで全て完成している状態ですので、もし第三集の出版を御検討していただける出版社がございましたら、メールフォームからお気軽にメールしてみてください。第三集は最高傑作なのですが…。
2011 写真集『笑とる仏』実質、4作目の写真集。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。