スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「聖なる石」パワーストーンとしての石棺

 読売新聞の書評『よみうり堂』の記事がアップしましたね。
 前回の私の記事で「素朴な彫りこそ聖性にかなうわざ」という表現が気に入っていると書きましたが、あの時御紹介しなかった、もう一つ気に入っている表現は

「聖なる石に仏を刻んだ」

というところです。私の本では、「石棺そのものが信仰の対象になっていた云々」と、まどろっこしく書いていますが、この表現がシンプルで好きです!

黒岩_1
その通りで、石棺は聖なる石、所謂パワーストーンとして当時から信仰の対象となっていたことは、明らかです。
 その証拠を2~3示してみます。
 
 典型的な例は、高砂市の「黒岩十三仏」です。つい、磨崖仏(崖に彫られた仏)の方に目が行ってしまいますが、「黒岩」とは十三仏の前に置いてある、2枚の組み合わせ式石棺の石材や底石のことです。(左の写真。石の両サイドに溝があるでしょ。あそこに、石を組んで石棺を形造るわけ)
 鎌倉時代、この石の上に時光上人が百日禅を組み、海中から仏を手にするという奇跡を起こしたので、「播州善光寺」と呼ばれる時光寺ができました。(詳細は、本に書きました。ちなみにねっと情報よりは詳しいヨ。笑)
 時光上人が、石棺石材を選んだ理由。それはまさに、石棺にパワーがあると認めたからに間違いありません。このたった2枚の石棺石材から端を発して、ものすごく様々な物語が生まれ出ているのです。
黒岩_2
(ちなみに、十三仏の写真はこれね。自然と一体になっている磨崖仏はやっぱりかっこいい。笑)


 もう一つの例は、加古川市の「宮前の石棺仏」です。左の家型石棺の蓋には阿弥陀様を彫っていますが、右の組み合わせ石棺の底石には、何も彫られていません。
 つまり、石棺材だけを祀っているということです。ほとんどモノリスです。笑。

 こうしたパターンはわりと見受けられ、私の知る限り、他に3箇所知っています。(写真集でこんな中途半端な写真、紹介していないよ。この写真は石棺信仰を示す一つの、説明写真ね。)
宮前

 稀に、文献などを調べると、石棺仏を古墳の「廃物利用」なんて汚い言葉で表現する方もいらっしゃるのですが、私は絶対、そんな動機で造ったものではないと思います!
 「廃物利用」の理由に、お寺や神社の手洗い場の水受けに石棺が使われているケースがあると書いてありますが、手洗いだって「聖なる水場」であり、一つの祭器です。それを見て「廃物」と表現するのは、非常に乱暴な気がします。当時の人は石棺を使ってパワーのある水場にしたのです。
(註;極、例外的に姫路城の石垣に石棺が使われている例がありますが、これは単に建設中の石不足によるものでしょう。あるは石棺パワーで城を守ってほしかったのか?笑)

 普通に考えれば解りますが、例えば、高砂の図書館の入り口に置いてある、こんなデッカい石棺をみると、人としてなんとも言えない「畏怖の念」が起こるのが自然です。(石の宝殿といいい、播磨の石の文化、深いでしょ。)
 この「畏怖の念」こそ、いかなる宗教や信仰のはじまりと言っても過言ではありません。

 石棺には、やはり底知れぬパワーがあるんです。「聖なる石」なんですよ。これは。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お知らせ
メインブログを アメーバに変更しました→
写真集
笑とる仏
『笑とる仏ー播磨の石棺仏を中心にー』   谷村新司さん推薦!    播磨の珍しい石棺仏を中心に、素朴な笑顔の石仏の写真集。700年近くもやさしく微笑み続けている石仏達を、さまざまな仏教名言と共に紹介する。この深い笑みはきっと心に響くと思います。巻末には地図もありますので、実際、仏様に会いに行くこともできます。勿論、関西限定書ではなく全国に通じる心の本です。 実質、私の4冊目の写真集。(読み:ワロトルホトケ)
Talking with Angels-ロンドンの天使達
「Talking with Angels-ロンドンの天使達-」 
鏡リュウジ氏の推薦文より
『天使、天使、天使!
この世界は、耳をすませれば天使の羽音に満ち満ちていて、うるさいくらい。たとえ一人でいたって、僕たちは孤独になんかなれっこないのです。この写真集はそのことを伝えてくれます。』 
 

Talking with Angels-イタリアの天使達
「Talking with Angels-イタリアの天使達」
   イタリア19世紀のみごとな墓地彫刻の写真集。
ダンテの『神曲』にならい「地獄」「煉獄」「天国」を彫刻を介し視覚で巡ることができる、美しい天使の本。
プロフィール

岩谷薫

Author:岩谷薫
カメラマン
1995 個展『身体感覚』
1998 個展『Angels of Brompton-祈りのすがた』
2005 写真集『Talking with Angelsーロンドンの天使達ー』
2006 写真集『Talking with Angelsーイタリアの天使達ー』
2008年 スピリチュアル雑誌『Sundari 』記事執筆
『yaso ヴィクトリアン』studio parabolica記事執筆
2009 デジタル印刷すらできない悪質出版社に捕まり、三冊目の天使の写真集が出版不能に。入校データまで全て完成している状態ですので、もし第三集の出版を御検討していただける出版社がございましたら、メールフォームからお気軽にメールしてみてください。第三集は最高傑作なのですが…。
2011 写真集『笑とる仏』実質、4作目の写真集。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。