スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すごいパワーのある地蔵

正法寺の地蔵
 本日、三木市の広報、『広報みき』に『笑とる仏』と私を掲載していただきました。(写っているのは「どっこいさん」ね。)
 きっと三木の人が多く見てくれるかもしれないので、今日は私から、地元の方々へ、ある問いかけを。

 三木市、正法寺古墳公園から東北へ約100mくらいのところに、写真の地蔵が立っているのですが、すごく大きくて170cmくらいもあります!しかもそのパワーが尋常ではなくて、私など、近くに寄ると「キ───ンッ!!!!」と耳鳴りのような、高周波のような強力な気を感じることができます。こんな強い気を発している石仏はなかなかありません。


正法寺の地蔵_2
 近くを歩く、地元のおばさんにも、この地蔵の「いわれ」や「略歴」を聞いたのですが、あまり詳しい事は解らず。
 昔、加古川から流れて来たとか、すごい御利益があるとは聞きました。
 川から流れると、こんなに彫り跡がキレイには残っていないので、語り継がれた伝説でしょう。御利益があるのは、この尋常でない気からその場で充分うなずけました。

 この地蔵に関しては、書かれた史料も無く、市の文化振興課の方にもお聞きしても解りませんでした。

 そこで地元の方で、この地蔵について、少しでも「いわれ」や「略歴」を御存知の方、ぜひ私のプロフィールにあるメールアドレスからお知らせしていただくか、ブログにコメントいただければ、ありがたいです。


八家地蔵
 私自身は、この石仏は、姫路の的形にある「八家(やか)地蔵」と同じ作者ではないかと思っているのですが??
 だとすると、三木の地蔵も鎌倉時代の石仏ってことになり、一躍、重要な文化財になるんですけどね。笑。
 左の写真が八家地蔵ですが、どことなく似てるでしょ??耳や口、手、衣の表現が。石の質も近いものだと思います。
 私は地蔵の撮影の時は、たいがい赤いよだれかけは外すのですが、両方とも硬く縛ってあり、外せるような状況ではありませんでした…。今思うとそれがおしい。
 八家地蔵のパワーもものすごくて、これも近寄ると
「キ───ンッ!!!!」ときます。
 しかも座像なのに210mもあります!!! モノスゴイ迫力とパワーです!!
 御利益譚も多々あり、特に「子授け」の御利益が有名で、取材中もお参りの女性が、後を絶たなかったことを思いだします。(詳細な「いわれ」や略歴は本を見てね。笑)鎌倉時代のこんな巨石像、しかもこんな強力な気を発する地蔵は、ちょっと無いと思います。発する気がとても似ているのと2体とも稀に見る大型というのも気になります…。ゴールデンウィーク、こんなパワーに触れるのもいいかもです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お知らせ
メインブログを アメーバに変更しました→
写真集
笑とる仏
『笑とる仏ー播磨の石棺仏を中心にー』   谷村新司さん推薦!    播磨の珍しい石棺仏を中心に、素朴な笑顔の石仏の写真集。700年近くもやさしく微笑み続けている石仏達を、さまざまな仏教名言と共に紹介する。この深い笑みはきっと心に響くと思います。巻末には地図もありますので、実際、仏様に会いに行くこともできます。勿論、関西限定書ではなく全国に通じる心の本です。 実質、私の4冊目の写真集。(読み:ワロトルホトケ)
Talking with Angels-ロンドンの天使達
「Talking with Angels-ロンドンの天使達-」 
鏡リュウジ氏の推薦文より
『天使、天使、天使!
この世界は、耳をすませれば天使の羽音に満ち満ちていて、うるさいくらい。たとえ一人でいたって、僕たちは孤独になんかなれっこないのです。この写真集はそのことを伝えてくれます。』 
 

Talking with Angels-イタリアの天使達
「Talking with Angels-イタリアの天使達」
   イタリア19世紀のみごとな墓地彫刻の写真集。
ダンテの『神曲』にならい「地獄」「煉獄」「天国」を彫刻を介し視覚で巡ることができる、美しい天使の本。
プロフィール

岩谷薫

Author:岩谷薫
カメラマン
1995 個展『身体感覚』
1998 個展『Angels of Brompton-祈りのすがた』
2005 写真集『Talking with Angelsーロンドンの天使達ー』
2006 写真集『Talking with Angelsーイタリアの天使達ー』
2008年 スピリチュアル雑誌『Sundari 』記事執筆
『yaso ヴィクトリアン』studio parabolica記事執筆
2009 デジタル印刷すらできない悪質出版社に捕まり、三冊目の天使の写真集が出版不能に。入校データまで全て完成している状態ですので、もし第三集の出版を御検討していただける出版社がございましたら、メールフォームからお気軽にメールしてみてください。第三集は最高傑作なのですが…。
2011 写真集『笑とる仏』実質、4作目の写真集。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。