スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほとんど岡本太郎。山伏峠石棺仏 加西市

山伏峠_1
 石棺仏といったら山伏峠と言うほど、石棺仏の超代表選手。加西市の山伏峠石棺仏です。全長なんと177cm。現場に行くと大迫力です。南北朝時代のもの。長持型石棺という他の石棺よりもちょっと古い4~5世紀の石棺です。このタイプの石棺を使った石棺仏は、他に姫路の地蔵院にもありますが、石棺の蓋、全部を用いたものは全国でこれが唯一。
 縄掛け突起といって、手足のように突起が出てるのが、この石棺の最大の特徴。

 ちょっと岡本太郎さんの彫刻を思わせるものがあります。太郎さんも日本の太古にあこがれた芸術家さんですよね。太古の芸術はその素直さがいいです。しかも信仰と芸術が離れていません。太郎さんはそれを「呪術」といいました。芸術は本来、呪術や信仰と切っても切れない存在です。蛇足ですが、太郎さんの撮る写真は、めちゃくちゃ上手いんだよ。しっかり魂が映っているから。

 地蔵菩薩の半跏像石棺仏ということも非常に珍しく、おそらくその他は、写真集ではテキストのみの紹介ですが、加西市網引町の住吉神社の池のほとりにある地蔵菩薩の石棺仏だけでしょう。右の写真がそれ。
古池の石棺仏
これは摩滅がひどく、残念ながら写真に撮ってもあまり良い気を感じなかったので、写真集には掲載しませんでした。
 でも、文化的価値は充分あるし、この石棺仏自体が地元の人でも知られていないので、このブログで紹介します。(この仏の写真撮ってる人、居ないので)

 普通、半跏像は左足を地面に垂らしているものですが、これはどう見ても右足を垂らしているように見えます。とても珍しいです。(単に左右を間違えたのか??)おそらく南北朝時代の頃のものと思われます。
 半跏像は弥勒像に多いので、弥勒信仰とも関わりがあるのかもしれません。
 弥勒は56億7000万年後にこの世に現れて、衆生を救うとされていますが、そんなとほうもない時間はおいといて、未来仏として、後世の人々のためにも、彫ったものかもしれません。その思いに今、約700年後の私も時を超えて呼応しているってことですね。「石」で創るという意味は、やはり後世まで伝えるという「意志」があってのことでしょう。


山伏峠_2
 山伏峠の石棺仏は、なかなかいいお顔していますよ。周りに彫っている六地蔵も向かって右側中央の地蔵なども、ナイスなスマイルで笑っています。あとは写真集で見てね。笑。
 山伏峠には、その他、207cmのおそらく日本最大の石棺仏や、阿弥陀と地蔵を彫った小さな石棺仏もあり(薬師三尊という説も)ますが、長文になるのでまた後日。

 岡本太郎さんの著書『自分の中に毒を持て』って本は、読んだスグは元気がでますよ。(太郎さんの本、結構好きです。読んだすぐは元気になるので。今、本が埋もれて見付け出せませんが…)太郎語録で、私が特に今も覚えているのは、「楽な道と困難な道が、あったら必ず困難な道を歩め!」ってものでした。
 ただ、現実世界、こんな選択ばかりしていたら、エライことになるのはスグ解りますよね!笑。でも、私の場合、特に意識せず好きな道を歩んでいたら、気付くと困難な道でした。爆。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お知らせ
メインブログを アメーバに変更しました→
写真集
笑とる仏
『笑とる仏ー播磨の石棺仏を中心にー』   谷村新司さん推薦!    播磨の珍しい石棺仏を中心に、素朴な笑顔の石仏の写真集。700年近くもやさしく微笑み続けている石仏達を、さまざまな仏教名言と共に紹介する。この深い笑みはきっと心に響くと思います。巻末には地図もありますので、実際、仏様に会いに行くこともできます。勿論、関西限定書ではなく全国に通じる心の本です。 実質、私の4冊目の写真集。(読み:ワロトルホトケ)
Talking with Angels-ロンドンの天使達
「Talking with Angels-ロンドンの天使達-」 
鏡リュウジ氏の推薦文より
『天使、天使、天使!
この世界は、耳をすませれば天使の羽音に満ち満ちていて、うるさいくらい。たとえ一人でいたって、僕たちは孤独になんかなれっこないのです。この写真集はそのことを伝えてくれます。』 
 

Talking with Angels-イタリアの天使達
「Talking with Angels-イタリアの天使達」
   イタリア19世紀のみごとな墓地彫刻の写真集。
ダンテの『神曲』にならい「地獄」「煉獄」「天国」を彫刻を介し視覚で巡ることができる、美しい天使の本。
プロフィール

岩谷薫

Author:岩谷薫
カメラマン
1995 個展『身体感覚』
1998 個展『Angels of Brompton-祈りのすがた』
2005 写真集『Talking with Angelsーロンドンの天使達ー』
2006 写真集『Talking with Angelsーイタリアの天使達ー』
2008年 スピリチュアル雑誌『Sundari 』記事執筆
『yaso ヴィクトリアン』studio parabolica記事執筆
2009 デジタル印刷すらできない悪質出版社に捕まり、三冊目の天使の写真集が出版不能に。入校データまで全て完成している状態ですので、もし第三集の出版を御検討していただける出版社がございましたら、メールフォームからお気軽にメールしてみてください。第三集は最高傑作なのですが…。
2011 写真集『笑とる仏』実質、4作目の写真集。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。