スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教信寺のHPに『笑とる仏』紹介してあります!

教信寺
 教信寺は、「南無阿弥陀仏」と称えることによって救われるという称名念仏の元祖的存在の教信上人を祀ったお寺。親鸞が人生の目標とし、一遍が慕っていた高僧です。
 何故「南無阿弥陀仏」と言うだけで救われるの?と思う方、ぜひ、禅と真宗の白眉、鈴木大拙の名著『真宗入門』を御覧ください。それを読むとその理由が解ります。
 『笑とる仏』でもその心髄的な文章は引用しました。
 実は、『笑とる仏』に紹介している石仏のほとんどは、鎌倉時代に起こった浄土宗や浄土真宗の影響の石仏達です。
 それまでの仏教は貴族の仏教、律令仏教だったものが、鎌倉時代になり「南無阿弥陀仏」の一言で救われるという画期的な教えにより、救いを渇望していた民衆に、きっと野火のように広がったことでしょう。おそらく当時「日本の宗教改革」と言っていいほどの一大ムーブメントだったと思われます。
 そのムーブメントの元祖、発信地と言っていいのが教信寺でしょう。石棺仏のほとんどは、ここが発信源といっても、少なからず間違いではないと思います。

 その教信寺に『笑とる仏』が紹介されたのがうれしいです。 きれいな紹介文でなおさらです。上の『笑とる仏』に紹介した教信寺の石仏の写真は、石棺仏ではなく、おそらく江戸期のものでしょうが、とてもナイスなスマイルで、阿弥陀三尊が彫られています。お顔がイイ! よく死ぬ間際の「来迎図」として阿弥陀三尊は描かれますが、こんな顔で来られたら全然OKって感じです。笑!
 
教信寺_2
 写真集には紹介していませんが、教信寺の墓地内にも、小さな石棺仏が点在しています。この写真などはそうです。小さな阿弥陀さんですが、 オバアちゃんみたいに笑っています!上部についた突起はおそらく石棺を組むために付けられた突起でしょう。
 その他、教信寺には昭和42年に梵字を彫られた(最新の?)大きな石棺仏もあります。梵字の石棺仏は、ビジュアル本としてあまり見た目、面白くないので、掲載しませんでしたが…。研究資料としては非常に面白いのですが…。

 教信寺の和尚さんも、面白い方で、コントラバス奏者としても有名です!
 以前、NHKでも紹介されていたこともあり、「西洋では寺院が教会音楽のコンサートホールになっているのに、日本には、その機能が無い。」とナレーションされていたのが、なぜかとても印象に残っていました。それで、お寺でも演奏会をされておられます。ちなみに私は教会音楽が大好き。
 ただ、アート作品などは運営が大変なようで、この記事などは、非常に同感いたします。関西の人には解るでしょうが「となりの人間国宝さん」にも認定された方らしいですよ!笑。 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お知らせ
メインブログを アメーバに変更しました→
写真集
笑とる仏
『笑とる仏ー播磨の石棺仏を中心にー』   谷村新司さん推薦!    播磨の珍しい石棺仏を中心に、素朴な笑顔の石仏の写真集。700年近くもやさしく微笑み続けている石仏達を、さまざまな仏教名言と共に紹介する。この深い笑みはきっと心に響くと思います。巻末には地図もありますので、実際、仏様に会いに行くこともできます。勿論、関西限定書ではなく全国に通じる心の本です。 実質、私の4冊目の写真集。(読み:ワロトルホトケ)
Talking with Angels-ロンドンの天使達
「Talking with Angels-ロンドンの天使達-」 
鏡リュウジ氏の推薦文より
『天使、天使、天使!
この世界は、耳をすませれば天使の羽音に満ち満ちていて、うるさいくらい。たとえ一人でいたって、僕たちは孤独になんかなれっこないのです。この写真集はそのことを伝えてくれます。』 
 

Talking with Angels-イタリアの天使達
「Talking with Angels-イタリアの天使達」
   イタリア19世紀のみごとな墓地彫刻の写真集。
ダンテの『神曲』にならい「地獄」「煉獄」「天国」を彫刻を介し視覚で巡ることができる、美しい天使の本。
プロフィール

岩谷薫

Author:岩谷薫
カメラマン
1995 個展『身体感覚』
1998 個展『Angels of Brompton-祈りのすがた』
2005 写真集『Talking with Angelsーロンドンの天使達ー』
2006 写真集『Talking with Angelsーイタリアの天使達ー』
2008年 スピリチュアル雑誌『Sundari 』記事執筆
『yaso ヴィクトリアン』studio parabolica記事執筆
2009 デジタル印刷すらできない悪質出版社に捕まり、三冊目の天使の写真集が出版不能に。入校データまで全て完成している状態ですので、もし第三集の出版を御検討していただける出版社がございましたら、メールフォームからお気軽にメールしてみてください。第三集は最高傑作なのですが…。
2011 写真集『笑とる仏』実質、4作目の写真集。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。