スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘドン ラッキー13 Heddon LUCKY 13

$『Talking with Angels』西洋墓地の天使像 : 岩谷薫-10_3_11_1
 また釣り記事っすか。笑。かの開高翁も魚が釣れれば「私は更新された」と言っておりましたが、わかります。
 パッとしない時期は私の知る限り、黒沢明監督も、反骨のジャーナリスト宮武外骨さんも釣りをしとりました。と言い訳がましく。笑。

 以前にも書きましたが、ヘドンのラッキー13です。Heddon LUCKY 13。古い順に上から、1950年代のウッド製のもの。真ん中は1980年代のプラ製の「タテ割れフキ目」と言われているタイプ。一番下が現在売られているタイプです。
 パッと見、形はまったく同じように見えますが、動きは三種三様です。
 れいによって、プラ製のタイプにはウエイトチューンがしてあります。

$『Talking with Angels』西洋墓地の天使像 : 岩谷薫-10_3_11_2 ラッキー13は有名なわりに、苦手だと言う人が多く、私もどちらかと言うと、その一人でした。原因の一つは絶対、強過ぎる浮力にあると思っていたので、写真のようなウエイトチューンをして、ボディーの3/4以上は沈めてみました。
(間違っても、以前御紹介したバスオレノと同じ形のウエイトを貼ると、アクションが直線野郎になってしまうので、御注意を。ルアーによってウエイトの形も故あって変わっていきます。)
 このウエイトチューンをすると、名作と言われるウッドのラッキー13のアクションを楽々と超えちゃいます。
 その利点を書くと
●重くなるのでダート幅の自由度が広がります。
●ウエイトを中心に180度のテーブルターンができます。ウッド製はせいぜい90度です。故に、ピンポイントでの多彩なアクションが可能です。
●ポップ音は必要な時だけ出せるようになります。ちっちゃなアクションにまで反応してポップ音ばかり出す、やかましいプラ製のものがきらいだったので。しかもブルーギルの補食音ような小さな「プスンッ!」という音も出せます。経験上この音は効果的。
●両サイドに重りなので、豪快なローリングができます。
●重いのでストライクが取り易い。キャスティング時の飛距離が出る。強風時にも使える。
●回収時は、クランクベイト並みに、ダイブしてくれるので、ミノーとしても使える。
しかもラッキー13独特のオラオラ泳ぎも健在。
という具合に、カッコわるいと言うことを除けば、アクションはいいことずくめになります!

 1980年代の「タテ割れフキ目」のタイプは、プレミヤ価格なので、こんなチューンなら現行ものの安いラッキーで充分と、最近、現行ものを買ったのですが、同じプラ製でも、微妙に重心の位置や、ボディーシェイプが違うんです。若干デブになっています。
 そのせいか、同じウエイトチューンをしても、80年代のもののように、みごとなテーブルターンが出来なくなっています…。残念です…。(全然、使えなくはないけどね)80年代のラッキーが、種類によっては今も異様な高値で取引されていますが、やはりボディーバランスが絶妙という故もあってのことなんだなーと、いろいろ比べてみて解りました。$『Talking with Angels』西洋墓地の天使像 : 岩谷薫-10_3_11_3

 ラッキー13は真冬や、低水温に強いと聞いていたので、このチューンで、この低水温の中、釣りましたよー! 辛うじて40cm超えです。これは釣れるでしょ…ってシミジミ思えるアクションをしてくれます。
 使っていて飽きません。
 寒くて、なんの生命反応も無いような、鏡面の池で移動距離を少なく、ロングポーズで待っていると、突然「ズボっ!」と水面から消えます! タマリマセンねェ-。少しだけ私も更新されました。

 追記: 後日気が付きましたが、現行もののラッキー13をこのチューンで使う場合、下アゴの先に4ミリ四方くらいの小さなウエイトを貼ると、タテ割れと同じくらいのアクションになることが解りました。(元々、現行ものは重心が後ろよりなので、中央に持っていく感じ。極力、水面と平行浮きにするわけね。)こう使うなら現行もので充分楽しめますよ。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お知らせ
メインブログを アメーバに変更しました→
写真集
笑とる仏
『笑とる仏ー播磨の石棺仏を中心にー』   谷村新司さん推薦!    播磨の珍しい石棺仏を中心に、素朴な笑顔の石仏の写真集。700年近くもやさしく微笑み続けている石仏達を、さまざまな仏教名言と共に紹介する。この深い笑みはきっと心に響くと思います。巻末には地図もありますので、実際、仏様に会いに行くこともできます。勿論、関西限定書ではなく全国に通じる心の本です。 実質、私の4冊目の写真集。(読み:ワロトルホトケ)
Talking with Angels-ロンドンの天使達
「Talking with Angels-ロンドンの天使達-」 
鏡リュウジ氏の推薦文より
『天使、天使、天使!
この世界は、耳をすませれば天使の羽音に満ち満ちていて、うるさいくらい。たとえ一人でいたって、僕たちは孤独になんかなれっこないのです。この写真集はそのことを伝えてくれます。』 
 

Talking with Angels-イタリアの天使達
「Talking with Angels-イタリアの天使達」
   イタリア19世紀のみごとな墓地彫刻の写真集。
ダンテの『神曲』にならい「地獄」「煉獄」「天国」を彫刻を介し視覚で巡ることができる、美しい天使の本。
プロフィール

岩谷薫

Author:岩谷薫
カメラマン
1995 個展『身体感覚』
1998 個展『Angels of Brompton-祈りのすがた』
2005 写真集『Talking with Angelsーロンドンの天使達ー』
2006 写真集『Talking with Angelsーイタリアの天使達ー』
2008年 スピリチュアル雑誌『Sundari 』記事執筆
『yaso ヴィクトリアン』studio parabolica記事執筆
2009 デジタル印刷すらできない悪質出版社に捕まり、三冊目の天使の写真集が出版不能に。入校データまで全て完成している状態ですので、もし第三集の出版を御検討していただける出版社がございましたら、メールフォームからお気軽にメールしてみてください。第三集は最高傑作なのですが…。
2011 写真集『笑とる仏』実質、4作目の写真集。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。