スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラピュタのような墓所

$『Talking with Angels』西洋墓地の天使像 : 岩谷薫-09_12_3_4
 前回の別世界のような体験の続き。
こんな、テーマパークのようなトンネルをくぐると、






$『Talking with Angels』西洋墓地の天使像 : 岩谷薫
まるで、『天空の城、ラピュタ』のような光景に出会えます。











$『Talking with Angels』西洋墓地の天使像 : 岩谷薫-09_12_3_2
樹木の下は、こんな感じのカタコンベに…




とても、よく出来ていますね…。
『Taliking with Angelsーイタリアの天使達ー』の中で「墓地子宮論」みたいなことを書きましたが、このトンネル体験はそれを彷彿とさせるものがあります。
 このトンネルの闇をくぐるのは何か、怖いんです。よく臨死体験者もトンネル経験を語りますよね。「終わりで、始まり」です。闇をくぐると天国の光景が。

 19世紀の墓地設計者が、ここを天国にしようとした目論みがみごとなほど伝わります。
 樹木信仰というのは、結構、いろんな宗教にあるもので、キリスト教では『イザヤ書』の中に「エッサイの木」として知られ、エッサイの体から木が生えている図像があります。

 エッサイの株からひとつの芽が萌えいで
 その根からひとつの若枝が育ち
 その上に主の霊がとどまる。
 知恵と識別の霊
 思考と勇気の霊
 主を知り、畏れ敬う霊  ──────────
 その日が来れば、エッサイの根は
 すべての民の旗印として立てられ  云々。

 また、キリストの十字架そのものが、「生命の樹」として、ツタのように枝葉を生やしている図像もあります。そう言えば私の好きな映画、リュック・ベッソンの『ジャンヌ』にも、ジャンヌの体にツタが、生え広がるシーンがありした。
 エジプト神話にも、惨殺されたオシリスの冥界の玉座からは蓮の花が咲いたり、ヒンドゥー教にはビシュヌの身体から子孫の木が生えている彫刻もあります。
 人が死んだら、土になり植物に成り代わる発想は、とても自然で、それはファミリーツリー(系図)という言葉からも伝わります。
 
$『Talking with Angels』西洋墓地の天使像 : 岩谷薫
 誰の詩だったか、忘れちゃったけど
「私に会いたければ、足下のお花を探してね」的なキレイな詩があった記憶が…

 写真の黄色い水仙の花も、西洋では春を告げる花と同時に、天国を象徴する花としてお墓によく植えられるんだよ。写真では見辛いけど、樹の写真の地面に黄色い点々があるのは、水仙の花。  寒いのはきらいだから、早く春がきてほしいな…
 あっ、忘れていたけど、これはロンドンのハイゲート・セメタリーの山の頂上のカタコンベ。まさに天空の城ですね。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お知らせ
メインブログを アメーバに変更しました→
写真集
笑とる仏
『笑とる仏ー播磨の石棺仏を中心にー』   谷村新司さん推薦!    播磨の珍しい石棺仏を中心に、素朴な笑顔の石仏の写真集。700年近くもやさしく微笑み続けている石仏達を、さまざまな仏教名言と共に紹介する。この深い笑みはきっと心に響くと思います。巻末には地図もありますので、実際、仏様に会いに行くこともできます。勿論、関西限定書ではなく全国に通じる心の本です。 実質、私の4冊目の写真集。(読み:ワロトルホトケ)
Talking with Angels-ロンドンの天使達
「Talking with Angels-ロンドンの天使達-」 
鏡リュウジ氏の推薦文より
『天使、天使、天使!
この世界は、耳をすませれば天使の羽音に満ち満ちていて、うるさいくらい。たとえ一人でいたって、僕たちは孤独になんかなれっこないのです。この写真集はそのことを伝えてくれます。』 
 

Talking with Angels-イタリアの天使達
「Talking with Angels-イタリアの天使達」
   イタリア19世紀のみごとな墓地彫刻の写真集。
ダンテの『神曲』にならい「地獄」「煉獄」「天国」を彫刻を介し視覚で巡ることができる、美しい天使の本。
プロフィール

岩谷薫

Author:岩谷薫
カメラマン
1995 個展『身体感覚』
1998 個展『Angels of Brompton-祈りのすがた』
2005 写真集『Talking with Angelsーロンドンの天使達ー』
2006 写真集『Talking with Angelsーイタリアの天使達ー』
2008年 スピリチュアル雑誌『Sundari 』記事執筆
『yaso ヴィクトリアン』studio parabolica記事執筆
2009 デジタル印刷すらできない悪質出版社に捕まり、三冊目の天使の写真集が出版不能に。入校データまで全て完成している状態ですので、もし第三集の出版を御検討していただける出版社がございましたら、メールフォームからお気軽にメールしてみてください。第三集は最高傑作なのですが…。
2011 写真集『笑とる仏』実質、4作目の写真集。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。