スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Talking with Anglers

「Angels」ではありません「Anglers」です!なんと恐ろしく似ている綴りじゃありませんか!笑。 この前、通販で仲良くなった釣り具屋さんの親切なお兄さんに、この事を指摘され爆笑でした。(ここのお店の写真を見て、壊れかけの私はなごんだりしています。)エンジェルはアングラーだったとは。苦笑。
 また釣りの話かよ!と言わないでね。どうせ季節ものだし、ましてや一生の内で釣りに夢中になれる時期なんて、そう長くはありません。仕事が忙しかったり、環境がゆるさなかったり…私は、今のうちだけだとよく知っています…

で、今日は
ゴールデンアイの マーベリック  Goldeneye Maverick
『Talking with Angels』西洋墓地の天使像 : 岩谷薫-09_9_1_1
 ゴールデンアイって、グデブロット社のブランド名だったんですね。知らなかったぁ。れいによって子供の頃、このプラグでは全然釣れませんでした。

 でも、最近、この子の真の威力を目の当たりにする釣果が何度もあり、いつロストするかも解らないので、思い出に記事を書きます。
 はじめにこの子の威力について知ったのは偶然でした。何度も通い詰めている池があり、その重要ポイントにビックワンが居ることだけは、知っていました。
 なぜなら今まで、ラッキー13もマグナムトーピードもデビルスホースまでもが、尻尾であしらわれているのか、はね飛ばされフッキングしないポイントがあったのです。
 その日もマグナムトーピードがはね飛ばされ、一度スレルと賢いバスは絶対出てこないので、途方にくれている時に、このマーベリックの金の目玉と目が会ってしまい「久しぶり。お前行ってみるか!」と何気に使ってみると、メチャ簡単にファーストリトリーブでガツーン!と釣れちゃいました…。46センチ。ちなみに小さな池のマックスサイズ。スレタ賢いバスに安易に効いてしまう恐ろしさ。
       (削れたリップ。使い込んでることが解るでしょ)
『Talking with Angels』西洋墓地の天使像 : 岩谷薫-09_9_9_2   
 また、この子は真夏のぬるま湯のような池で、水面が死んでしまい、トップでは絶対出て来ない状況で使ってごらんなさい、アーた。デカイのが安易にボコボコ釣れちゃいますよ!笑。真夏の活性の弱い時は効果てき面です。
 トップを使い尽くし、今日は坊主で帰りたくないなーと思ったら、この子を使ったら、坊主だけはまぬがれ、しかもデカイんです。
 ただ、トップ派の私は、潜るルアーあんまり好きじゃありません。なんとなく、こちらの演出で釣ったというより、ルアーの能力だけで釣れてしまった感があるから。
 しかもバイトの瞬間も見えないし…。でもこの子は浮力が強いので、トップ的な演出ができますけどね。坊主で帰らないための最後の印籠的な存在です。『Talking with Angels』西洋墓地の天使像 : 岩谷薫-09_9_1_3
 
 ちなみにこの釣果報告はすべてナイターです。ナイターでは、すぐクランクベイトや、ポッパーとかスイッシャーとか、音を発するルアーが注目されますが、これは釣り師の思い込みで、静かなペンシルベイトでも、ミノーでもガンガン釣れます。魚の側線の感知能力をバカにしてはいけません。波の波動で充分ですよ。
 あとラインアイには、必ずスプリットリングを付けましょうね。この手のルアーは、たったこれだけで、随分動きが生き生きとしますよ。『Talking with Angels』西洋墓地の天使像 : 岩谷薫-09_9_1_4
 Maverick(迷い子牛)(我が道を行く者)という名の通り、ラインの軌道をはずれ、「おい、オマエどこ行くんだヨ!」と突っ込みたい軌跡をメラメラと泳ぎます。この泳ぎが絶妙に魚の琴線に触れるのでしょう。
 昼間では釣ったことも、試したこともあまりありません。だってこの自然界にない蛍光色、きらいなんだもん。すごい遠くからでも蛍光オレンジが「ボク、ここに居るヨー!居るってバー!!」って大声出している気がするから。笑。釣り師は、静かな人の方が好きでしょ。色が大声に感じるほど強烈なんですよ。笑。サイズはもちろん1/2オンス11センチの大きい方がいいですね。
 マーベリックについてはもっと詳しい人が沢山いるので、後は、こちらを見てね。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お知らせ
メインブログを アメーバに変更しました→
写真集
笑とる仏
『笑とる仏ー播磨の石棺仏を中心にー』   谷村新司さん推薦!    播磨の珍しい石棺仏を中心に、素朴な笑顔の石仏の写真集。700年近くもやさしく微笑み続けている石仏達を、さまざまな仏教名言と共に紹介する。この深い笑みはきっと心に響くと思います。巻末には地図もありますので、実際、仏様に会いに行くこともできます。勿論、関西限定書ではなく全国に通じる心の本です。 実質、私の4冊目の写真集。(読み:ワロトルホトケ)
Talking with Angels-ロンドンの天使達
「Talking with Angels-ロンドンの天使達-」 
鏡リュウジ氏の推薦文より
『天使、天使、天使!
この世界は、耳をすませれば天使の羽音に満ち満ちていて、うるさいくらい。たとえ一人でいたって、僕たちは孤独になんかなれっこないのです。この写真集はそのことを伝えてくれます。』 
 

Talking with Angels-イタリアの天使達
「Talking with Angels-イタリアの天使達」
   イタリア19世紀のみごとな墓地彫刻の写真集。
ダンテの『神曲』にならい「地獄」「煉獄」「天国」を彫刻を介し視覚で巡ることができる、美しい天使の本。
プロフィール

岩谷薫

Author:岩谷薫
カメラマン
1995 個展『身体感覚』
1998 個展『Angels of Brompton-祈りのすがた』
2005 写真集『Talking with Angelsーロンドンの天使達ー』
2006 写真集『Talking with Angelsーイタリアの天使達ー』
2008年 スピリチュアル雑誌『Sundari 』記事執筆
『yaso ヴィクトリアン』studio parabolica記事執筆
2009 デジタル印刷すらできない悪質出版社に捕まり、三冊目の天使の写真集が出版不能に。入校データまで全て完成している状態ですので、もし第三集の出版を御検討していただける出版社がございましたら、メールフォームからお気軽にメールしてみてください。第三集は最高傑作なのですが…。
2011 写真集『笑とる仏』実質、4作目の写真集。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。