スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偶像崇拝

 偶像崇拝という言葉は、初期の仏教やキリスト教の影響のせいか、私の中では若干ネガティブなイメージを含んでいます。
 でも人は偶像を媒介でしか、理解できない、あるいは理解できにくいのも事実です。
 例えば山や海だけの写真を撮って、そこに神が宿ると言ったところで、まずなかなか他人には伝わらないでしょう。そこで象徴としての媒介が必要なのです。仏像や天使などの偶像が。
 中国の古典、『冥祥記』の作者の序文には、盗難される直前の仏像が、夢で作者自身に危機を知らせたり、紛失した同じ仏像が、「ここに居ます」と夢に現れ知らせたと霊験譚が紹介されています。
 似たような事例は実際、私も経験しています。私が幼少の頃、親戚のお爺さんがお地蔵さんを建立され、特に信心もない私は、親戚宅に行く度、家族に連れられ、なんとなくお参りしていたものです。それから年月は経ち、私は大人になり実家を去り、そのお爺さんも亡くなり、すっかりお地蔵さんの事も忘れかけていた。
 と、ある日、ふとそのお地蔵さんが夢に出てきたのです。その夢がなんだかとても気になり、実家に帰り、そのお地蔵さんのところへ行ってみると、土地の区画整理で、昔は林だったお地蔵さんの場所が全て畑になり、お地蔵さんのところだけ、申し訳程度に木を残しただけで、まるで陸の孤島のような哀れな状態になっていました。聞くところによると、お地蔵さんも親戚の庭へ移転される直前でした。親戚の家の持ち物なので、私にはどうすることも出来ませんでしたが、この場所の、最後の姿としてお参りに行った記憶があります。
 後にも先にも、そのお地蔵さんが夢に出てきたのはこの時だけでした。『Talking with Angels』西洋墓地の天使像 : 岩谷薫-09_7_27私に現状をなんとかして欲しかったのか…、はたまたここでの最後のお姿を見せておきたかったのか… とにかくお地蔵さんに呼ばれた気がしました。この不思議な経験からも、たとえ彫刻であっても、魂や霊験はあるような気がしてなりません。

 偶像崇拝なんて言わずに、人間は象徴でしか、見たものでしか理解出来ないことが多いのです。般若心経が「色即是空」「空即是色」と言っている所以です。「空即是色」で、色(現象界)でしか理解できない空があるはずです。奇しくも西洋ではゲーテがこれを解りやすく『ファースト』の中で「人生は色とりどりの映像としてしかつかめない」と記しています。

 偶像崇拝もすてたものではありません。般若心経的に見ると、万物が偶像とも言えるわけですから。
 私の撮った天使達にはみんな魂が入っていますが、このジェノヴァの天使も、かなり、魂入っていると思いませんか?そうしたものは何かしら霊験やお姿、メッセージを現すものだと思うのです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お知らせ
メインブログを アメーバに変更しました→
写真集
笑とる仏
『笑とる仏ー播磨の石棺仏を中心にー』   谷村新司さん推薦!    播磨の珍しい石棺仏を中心に、素朴な笑顔の石仏の写真集。700年近くもやさしく微笑み続けている石仏達を、さまざまな仏教名言と共に紹介する。この深い笑みはきっと心に響くと思います。巻末には地図もありますので、実際、仏様に会いに行くこともできます。勿論、関西限定書ではなく全国に通じる心の本です。 実質、私の4冊目の写真集。(読み:ワロトルホトケ)
Talking with Angels-ロンドンの天使達
「Talking with Angels-ロンドンの天使達-」 
鏡リュウジ氏の推薦文より
『天使、天使、天使!
この世界は、耳をすませれば天使の羽音に満ち満ちていて、うるさいくらい。たとえ一人でいたって、僕たちは孤独になんかなれっこないのです。この写真集はそのことを伝えてくれます。』 
 

Talking with Angels-イタリアの天使達
「Talking with Angels-イタリアの天使達」
   イタリア19世紀のみごとな墓地彫刻の写真集。
ダンテの『神曲』にならい「地獄」「煉獄」「天国」を彫刻を介し視覚で巡ることができる、美しい天使の本。
プロフィール

岩谷薫

Author:岩谷薫
カメラマン
1995 個展『身体感覚』
1998 個展『Angels of Brompton-祈りのすがた』
2005 写真集『Talking with Angelsーロンドンの天使達ー』
2006 写真集『Talking with Angelsーイタリアの天使達ー』
2008年 スピリチュアル雑誌『Sundari 』記事執筆
『yaso ヴィクトリアン』studio parabolica記事執筆
2009 デジタル印刷すらできない悪質出版社に捕まり、三冊目の天使の写真集が出版不能に。入校データまで全て完成している状態ですので、もし第三集の出版を御検討していただける出版社がございましたら、メールフォームからお気軽にメールしてみてください。第三集は最高傑作なのですが…。
2011 写真集『笑とる仏』実質、4作目の写真集。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。