スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔は祓えます

『Talking with Angels』西洋墓地の天使像 : 岩谷薫 実家に帰り、はや二月半が経ってしまいました。暇さえあればひたすら掃除をしています。家は20年も独り暮らしさせた母と、商売をしているための納品物のゴミなどのせいで、ハンパじゃなくきたないです。笑。
 以前の私の部屋も例外ではなく、「開かずの部屋」になってしまい、ほとんど不要品の倉庫状態でした。 
 「開かずの部屋」に魔が住み着くというのは本当で、そこには私が以前使っていたベットがあるのですが、帰省してそこで寝ると、必ず悪夢を見たり、金縛りに会ったり、ひどい時は見えない誰かや小動物が布団の上を歩くという、恐ろしい怪奇現象までしょっちゅうありました。なので気味が悪く帰省の度に、私は自分の部屋では寝なかったものです。
 でも、魔は祓えます。掃除と気合いで。
 まず、掃除で家運が上がるというのは、私も事実だと思います。ですので徹底的に掃除をしました。そこで思い出すのが『となりのトトロ』です。新しい住居に引っ越した時に「真っ黒クロスケ」が沢山いましたよね。あれは私は直感で事実だと思います。「真っ黒クロスケ」も小さな魔です。魔とは所謂「陰気」です。それを「陽気」」の塊である子供と掃除で祓ってゆく姿は象徴的でした。
 中国の古典にも書いてあるのですが、「陰気」の幽霊は「陽気」の子供が特に苦手らしいのです。純粋で心正しく元気に生きていれば幽霊の取り付く隙を与えないという事でしょう。確かに子供の頃、この部屋でそんな怪奇現象は無かったのですから…。しかも魔もゴミも同じ「はらう」という音を使いますしね。
 でも、掃除してもまだ魔が襲ってくる事があります。私は掃除してから自分のベットに寝てみたのですが、最後の抵抗とばかり一度だけ白い人影のような物が襲って来て、金縛りに会った事がありました。
 そこでビビってはいけません。そういう場合は、心の中で素直に怒ってあげましょう!笑。
 思うに、悪さをする幽霊なんて現世に未練がたらたらで、死にきれていない、つまり生ききれておらず、ふたたび人に甘え頼ろうとする非常にみっともない霊の姿だと思うのです。ですからそういう場合は気合いで退散させてしまいます。よく山伏やお坊さんが、呪文の合間に「イェーい!!」とか奇声を発しますよね。あれと原理は同じだと思います。
 それ以来、この部屋は快適になりましたよ。邪や魔が付け入らない隙を与えないことです。そのためには、まず誠実に生きることなのだと思うのです。
 写真はローマ、カンポベラーノ墓地の髑髏。ラテン系は髑髏好きですね。イタリア人はこうした意匠さえも楽しんでいる気がします。悪神も神ですから。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お知らせ
メインブログを アメーバに変更しました→
写真集
笑とる仏
『笑とる仏ー播磨の石棺仏を中心にー』   谷村新司さん推薦!    播磨の珍しい石棺仏を中心に、素朴な笑顔の石仏の写真集。700年近くもやさしく微笑み続けている石仏達を、さまざまな仏教名言と共に紹介する。この深い笑みはきっと心に響くと思います。巻末には地図もありますので、実際、仏様に会いに行くこともできます。勿論、関西限定書ではなく全国に通じる心の本です。 実質、私の4冊目の写真集。(読み:ワロトルホトケ)
Talking with Angels-ロンドンの天使達
「Talking with Angels-ロンドンの天使達-」 
鏡リュウジ氏の推薦文より
『天使、天使、天使!
この世界は、耳をすませれば天使の羽音に満ち満ちていて、うるさいくらい。たとえ一人でいたって、僕たちは孤独になんかなれっこないのです。この写真集はそのことを伝えてくれます。』 
 

Talking with Angels-イタリアの天使達
「Talking with Angels-イタリアの天使達」
   イタリア19世紀のみごとな墓地彫刻の写真集。
ダンテの『神曲』にならい「地獄」「煉獄」「天国」を彫刻を介し視覚で巡ることができる、美しい天使の本。
プロフィール

岩谷薫

Author:岩谷薫
カメラマン
1995 個展『身体感覚』
1998 個展『Angels of Brompton-祈りのすがた』
2005 写真集『Talking with Angelsーロンドンの天使達ー』
2006 写真集『Talking with Angelsーイタリアの天使達ー』
2008年 スピリチュアル雑誌『Sundari 』記事執筆
『yaso ヴィクトリアン』studio parabolica記事執筆
2009 デジタル印刷すらできない悪質出版社に捕まり、三冊目の天使の写真集が出版不能に。入校データまで全て完成している状態ですので、もし第三集の出版を御検討していただける出版社がございましたら、メールフォームからお気軽にメールしてみてください。第三集は最高傑作なのですが…。
2011 写真集『笑とる仏』実質、4作目の写真集。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。