スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉を失ってしまった…宮城県気仙沼のスゴイ民話『みちびき地蔵』

 昨日、袖もぎ地蔵の動画をこねくり回していると、偶然、こんなスゴイ民話を発見。

 ネットでは東北震災直後、結構有名になった話だそうで、「もう、知ってるよ。なにを今更」と思う方も多いのかもしれませんが… 
 私のように御存知ない方は、まぁ、見てください。言葉を失ってしまいます… 黙祷…

 お地蔵様は、六道(天道、人間道、修羅道、畜生道、餓鬼道、地獄道)を自由に巡って、衆生を救ってくれる仏さんです…。
 目撃者が女性や子供というのも、なんだか思うところあり。
 でも、やっぱり言葉を失ってしまいます。黙祷…。
スポンサーサイト

袖もぎ地蔵と、袖もぎの民話。姫路

 最近、『まんが日本昔ばなし』にこだわる私。笑。
 こんな動画、いつ削除されちゃうか解らないからねぇ、ある内に紹介しちゃいましょう。

 姫路にある袖もぎ地蔵です。
 『笑とる仏』には文章で紹介しましたが、写真掲載しなかった石棺仏です。
 なぜ、掲載しなかったかと言うと、理由はこのお顔。

袖もぎ_1
袖もぎ_2
 撮影している時から、なんだかおかしいなーと感じていたのですが、後から史料を調べてみると、この地蔵さんは、おそらく昭和の後期に、信心故だと思いますが、素人さんが表面をこのようにセメントで修復しちゃったんですよね……。
 既に、昭和の造形になってしまったので、このお顔の良さは各自の御判断におまかせしますヨ……笑。

 修復前の史料では、きたないモノクロ写真なので、解り辛かったですが、明らかに形が違います。でも、当時から結構痛んでいたのでしょう。お顔の様子も解らない感じでした。 厚く信仰している方には、そんなお姿が辛かったのかもしれませんね。
 姫路の人は、他の街よりも、格別、信心が厚いと見えて、石棺仏に小さな屋根やお堂を造るのは、比較的当たり前で、さらに、このように金襴緞子までかけている光景をよく見ました。他の街では、あまり目にしない光景ですよ。袖もぎ_3
 ちなみにこの「袖もぎ地蔵」もこんなお堂が造られています。小赤壁公園の裏手の道路沿いなので目印に。住所は木場。

 写真を掲載しなかった石棺仏とは言え、この石仏の伝説は非常に面白いデス!

 この「袖もぎ地蔵」の前で転ぶと、凶事があるとされ、転んだら自分の袖をちぎってお供えしなきゃならないっていう伝説です。詳細はWiki見てね! 文章長いけど、後半の折口信夫さんの説明がとても納得できますヨ。かなり古い伝承でしょう。昔は結構、行き倒れの死人なんかもいたんでしょうね…。袖もぎ_4
 私は、何で読んだか忘れましたが、その昔どこかの位の高い人が山中で死体にけつまずき、祓いと供養の意味で袖を供えたのが始まりなんて伝承も聞いたことがあります。
 死体にけつまずくなんて、確かに後味悪いですもんねぇぇ。苦笑。

 自治体の案内板も御紹介。下段の子供用の説明の方が、ちょっと詳しいのと「……なんだよ」っていう語り口が笑える!ちゃんと子供にも伝えようとする、こんな看板見た事なく、姫路市民の石仏に対する姿勢が解る看板ですね!

 ちゃんと『まんが日本昔ばなし』にもこの伝承が伝えられているんですよ!
 主に、中国、四国地方のお話らしいですが、全国に広まったのでしょう。少々、誇張気味なのと「化け物」は言い過ぎですが。笑。以上の事を知った上でこれを見ると、さらに面白いのでは?
 まぁ、普通の感覚として、道端に死人や死にかけの人がいたらビックリしますよね…。

 「袖もぎ地蔵」の近所には、おそらく日本で唯一、不動三尊を彫った石棺仏や、ものすごいパワーの八家地蔵さんなんかもあるので、もし近くの人で行けるなら行ってみてね。

ついに再会!!恐い日本昔ばなし『十六人谷』

 休日の暑い気怠い午後は、「まんが日本昔ばなし」を見ています…笑。

 今日、30年以上ぶりに、子供の頃、最も印象深く恐かった民話と、とうとう再会できて、メチャウレシイ。
 これ、ゼヒもう一度見たかった話なんだよなぁ………。何十年もの間、何度か再放送されている時期にこの話だけは要チェックしていましたが、長年、まったく再会できなかったお話でしたから……。
 

 常田さんの語りが最高!! 画面演出もすばらしいですよね! ちょっとした映画をみている気分です。 鷹の声、なんだかイイよね~。
 途中から「お爺さん、ヤバいよぉ~」と気付き、ハラハラさせながら見せる手法もGood!実際、子供のころドキドキしながら見ていたのを、今も本当に忘れられません。しかも舌を引き抜く殺し方のエゲツナさ……。
 この話は夫の柳を殺された、妻柳の精の復讐劇らしいですよ。
 物怪が人間に化けて、人間に「殺さないで」って頼みにくるお話は沢山あるよね。 やっちゃいけない事、犯しちゃいけない事ってあるんですよね。
 今見ると、柳の精の
「あんたに頼めば、こんなことにならずに済むと思っていたのに…」
という悲しいセリフは泣けそうですぉ。
 でも、これが止められないのが人間ですよね。
 お爺さんも、これで罪の意識から解放されたのかもしれませんね…
 私の中では、トップクラスで好きなお話です。
 ウウンンースバラシイ!

自殺したくなったら

 自殺は、保育園の頃から考えていました。笑!しょっちゅう死にたいと思っていました。
 なんで、私がこの世に存在して、この両親の家族であることも大いなる謎でした…(現在も…笑)。自意識が芽生えた頃からこの世は嫌いだったのかも。
 (数年前、鬼束ちひろさんが 「この腐敗した世界に堕とされ、イェイイェイ~」とか歌ってましたが、笑。あの気持ち解るなー。『月光』って歌でしたね。)

 自由奔放に生まれた子供は、保育園のクダラナイ規則が大嫌いでした。そして、何でお遊戯みたないショーモナイ事しなきゃいけないの? 何で女の子と手を繋がなきゃいけないの?(今は女の子と手を繋ぐの大好きですが!爆!)イライラすることばかりでした。そんな子供だったので、保母さんからも嫌われていましたヨ。
 ただ子供は、大人が思うほど、「子供や幼稚ではない」んですよね…。なんか保育園や幼稚園では、毎日バカにされている思いでした。笑。

 そんな子供に育ったので20代中頃まで、しょちゅう死にたい、自殺したいと思っていましたよ。思春期ってのもヤッカイですよね。ちょっと普通の人と感じ方が違うので。
 だから、その頃は途中で命を断った作家に興味がありましたね。なんか普通の人が見えないものが見えている気がして… 芥川龍之介さん、三島由紀夫さん、ニーチェ(ニーチェは当時、狂死とか言われてましたが、おそらく梅毒でしょう。笑。自殺ではありませんが、狂死というのにたまらなく魅かれましたネ。)をよく読んでいました。 ちなみに太宰は最低!三島クンの言うように、正に人間のクズ!!!
 ただ、これらの作家で、何か見えたかと聞かれると、「見えた」ようで「見えなかった」ようで… ただし、私には今も大きな影響をあたえています。

 月日は経ち、実家の墓を建て替える時に、家系図をちゃんと調べたのは、私には良かったのかも。(あくまで私の場合で、一般論という意味ではありませんヨ。)
 家系図を見てみたり、親戚の古いお爺さんなんかから亡くなった過去の人の話を聞くと、なんとなく家系の誰が私に影響しているのか、解る瞬間があるんです…。
 これ以上は、プライベートすぎて、ブログで公開できる内容ではないので、書けませんが、バラバラのパズルがパッッ!と一致する瞬間はあるものです…… 古老に話を聞く事はいいことですヨ。
 あっ、思い出しましたが過去にこんなこと書いていましたねこの本も役に立つかも

 それ以来でしょうか、イヤな事が起こっても、自殺したいっていう気持ちは、幸運なことに、ここ十数年ありませんね!(勿論、ストレスはありますが、対処できる精神になったってことでしょうか…?? 先の事は解りませんけどね、今のところはデス…)
 つい、自分は現世の自分だけで生きている気がしますが、過去世の人と共に生きていると感じると、生きるのが少しはラクになるのかもしれません。あくまで私の場合で「しれません」ですけど。笑。

 前回のブログに書いたように、死ぬことへの恐怖心はあまりありません。
 ただし、自殺するのは、スピリチュアル的にもあまり良くないみたいですよ。
 これは、過去にあんな記事や、こんな記事そんな記事を書いた通りです。

王子町 石仏
 そんな時、『笑とる仏』にも御紹介した、永平寺第七十八世貫首、宮崎奕保(えきほ)さんが、スゴイことを言ってのけました。

●「人間はいつ死んでもいいのが悟りやと思とった。ところがそれは間違いやった。平気で生きるというのが悟りやった。」  と……

 文章自体は簡単ですが、この平気で生きるって… 考えようによっては、並大抵のことではないですよね………
 このひたすら単純な言葉に、目からウロコのような気分でした…。何が起こっても平気で生きるんですよォ……とても難しいことかもしれませんが…

 写真は、加西市、王子町墓地の六地蔵。生と死の境界である墓地の入り口に立つ六地蔵。おそらく北条石仏をまねて創った、六地蔵だと思いますが、素朴な彫りがとてもステキな地蔵さんです。詳細は『笑とる仏』を見てね。なんだか奥の緑が異界って感じしませんか?笑。ちなみに宮崎奕保さんは加西市出身です。

スバラシイィ民話!!北海道『あの世のいりぐち』

 
 数日前、いつものようにYouTubeで聖歌を聞きあさっていたら、ナゼカ、「まんが日本昔ばなし」を発見!
 YouTubeで見れるんですね!てか、勝手にアップしていいのかな?って感じですが、でも、やっぱ「まんが日本昔ばなし」はスバラシイっすよ!!

 ちゃんと昔話を伝えられる、語り部が居なくなった昨今、「まんが日本昔ばなし」の文化的重要度って増々、増えていると思います。子供も大人も民話からものすごい生きる知恵を学べるんですから…。
(そう言えば、水木しげる翁も、「ノンノン婆」って言う語り部のお婆さんが近所に居て、しげる君に多大な影響を与えたよね。)

 あくまで視聴者側だけの意見ですが、「まんが日本昔ばなし」だけは誰もが無料で気軽に見れる、「日本人の魂の貴重なアーカイブとして」こんな感じで解放していただきたいですね… あくまで勝手な意見ですが…。

 ツイ、ツラツラと数話、見てしまい、今更ながらに思いますが、現代のガンバレバ何でも出来る、あるいは勧善懲悪的なマヌケなアニメよりも、強烈に理不尽な悲劇などを子供に伝える民話の姿勢って本当にすばらしい! 
 さらに民話という「ポエム」でしか伝えられない真実というのが絶対あるんです。
 これは子供にとって、いや大人でさえ、かなりイイ教育ですよ!

 そんな中で、スンゲー、北海道の民話を発見したので御紹介。
 まずは、見てください。


 これは、まんま臨死体験です! 
 私はこんな本あんな本を読んでいるので、この民話の整合性が、逐一すごく解るんです! あの世は正に、想念の世界で、正に理想郷、あるいはこの世とあまり変わらない世界になるんですね…。おそらく立派なシャーマンか、本当の臨死体験者が経験し、語り伝えたお話でしょう。
 『Talking with Angelsーイタリアの天使達ー』の後書きにも少し触れましたが、これは一つの子宮感覚なんです。暗いトンネルを抜けるのは、正に産道通過と同じです。死ぬ場合はそれを逆行しているワケですが…。(よく、臨死体験者はこれをトンネル感覚と言います。そういえばちなみに、過去、こんな事も書いていました。
 洞窟=子宮=パラダイス(ヘブン)。っていう図式は人類学的には非常にポピュラーで、中国にも洞窟をくぐって行く桃源郷の話が有名ですね。
 古代の、屈葬にした甕棺墓も子宮イメージですし、沖縄の亀甲墓も子宮をかたどっています。子宮の形で、異界や大地に人霊を返すワケです。
 そうすると、女性のアソコは、間違いなく異界の出口ですよね。笑!

 この民話、私の蔵書の中で調べてみましたが、北海道各地にこのお話はあるそうです! さすが、私の尊敬する民族の一つであるアイヌ民族ですねぇぇ~。死後に対してもスコブル鋭敏です!!! 狩猟採集民だったからでしょう!農耕民にこうした生命感覚の鋭さはないかもよ。
 各地、話のパターンは若干違うのですが、亡くなったはずの若妻の後を追っていくうちに夫が洞窟に入っていくパターンが多いそうです。(古事記のイザナミとイザナギみたいですね。古事記の方に影響があったのやもしれません?) 犬が侵入者を見付けるのは同じです。
 さらに死んだはずの異界の親類に「来ちゃいかん!」と侵入者がたしなめられ、帰るパターンもあるそうですよ。これなどは、現代人の臨死体験証言者とまったく同じですね!

 この洞窟はアイヌの言葉で「オマンルパロ」(あの世への入り口という意味らしい)って言うそうです。「オッ、ぉ、おまん…笑!」やっぱ女陰の響きに似てる!とニヤケテいるのは私ダケ?爆!  (万が一、語源の共通性なんかが見つかればおもしろいですよね。 ちなみに風水の最高の吉地も、女陰の形をした土地だと古くから言われていますヨ。)

 洞窟は、北海道も沖縄と同じように、昔は死者を葬る場所だったんですよ!洞窟墳墓と言います。 正に、先に述べた「子宮に戻す」感覚なんですよね!異界の入り口だったわけです。私が墓好きなのも、正に墓場は異界の入り口だからです。ダンテのベアトリーチェは「せちに、帰りたいところ」といいましたが。

 こんな素朴な民話を聞くと、死ぬこと、恐くなくなりませんか?笑! 勿論、痛いや苦しい、病苦で、死ぬのは私もイヤですよ。でも異界へ行くことへの恐怖心はあまり無いですねぇ~。
 この話にもあったよう、異界からこちらへ来る人も、我々には見えないんでしょうね! 犬やシャーマンに気付いてもらわなきゃ。笑。

 非常によくできた、スバラシイ民話でつ!
 日本昔話 だいすき-!
お知らせ
メインブログを アメーバに変更しました→
写真集
笑とる仏
『笑とる仏ー播磨の石棺仏を中心にー』   谷村新司さん推薦!    播磨の珍しい石棺仏を中心に、素朴な笑顔の石仏の写真集。700年近くもやさしく微笑み続けている石仏達を、さまざまな仏教名言と共に紹介する。この深い笑みはきっと心に響くと思います。巻末には地図もありますので、実際、仏様に会いに行くこともできます。勿論、関西限定書ではなく全国に通じる心の本です。 実質、私の4冊目の写真集。(読み:ワロトルホトケ)
Talking with Angels-ロンドンの天使達
「Talking with Angels-ロンドンの天使達-」 
鏡リュウジ氏の推薦文より
『天使、天使、天使!
この世界は、耳をすませれば天使の羽音に満ち満ちていて、うるさいくらい。たとえ一人でいたって、僕たちは孤独になんかなれっこないのです。この写真集はそのことを伝えてくれます。』 
 

Talking with Angels-イタリアの天使達
「Talking with Angels-イタリアの天使達」
   イタリア19世紀のみごとな墓地彫刻の写真集。
ダンテの『神曲』にならい「地獄」「煉獄」「天国」を彫刻を介し視覚で巡ることができる、美しい天使の本。
プロフィール

岩谷薫

Author:岩谷薫
カメラマン
1995 個展『身体感覚』
1998 個展『Angels of Brompton-祈りのすがた』
2005 写真集『Talking with Angelsーロンドンの天使達ー』
2006 写真集『Talking with Angelsーイタリアの天使達ー』
2008年 スピリチュアル雑誌『Sundari 』記事執筆
『yaso ヴィクトリアン』studio parabolica記事執筆
2009 デジタル印刷すらできない悪質出版社に捕まり、三冊目の天使の写真集が出版不能に。入校データまで全て完成している状態ですので、もし第三集の出版を御検討していただける出版社がございましたら、メールフォームからお気軽にメールしてみてください。第三集は最高傑作なのですが…。
2011 写真集『笑とる仏』実質、4作目の写真集。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。