スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水木しげる 神秘家列伝 其ノ参 其ノ四

 以前御紹介した神秘家列伝の其ノ参 其ノ四です。其の壱、其ノ弐でかなりハートを鷲掴みだったので、続編読んでみました。
 紹介されている人物は、出口王仁三郎、役小角、井上円了、平田篤胤、仙台四郎、天狗小僧寅吉、駿府の安鶴、柳田国男、泉鏡花。 みんなめちゃ面白いです。

$『Talking with Angels』西洋墓地の天使像 : 岩谷薫-10_4_23_1 一番印象に残ったのが、柳田国男さんです。『遠野物語』は以前読んだことあるけど本当に面白いヨ。国男さんの、子供の頃の狐のエピソードが怖かったよ。
 隣の家の下男が畑に作った狐の穴を埋めてしまったんだけど、翌日、国男少年が畑に行ってみると、そこには恨めしそうに、隣家を見つめる狐の夫婦が… とたんに国男少年は金縛りにあったそうです。
 すると恐ろしいことに、隣の下男が突然狂いだして、刀を振り回し、隣家の主人を斬り殺してしまった!そ、う、な…。 怖ェ~!!

 水木さんの狂人の絵がまた怖いんですよぉ…以前、御紹介した『猫楠』でも、熊楠の息子が狂ってしまい、熊楠の粘菌のスケッチや文献をビリビリに破いてしまうシーンがあるんだけど、あのシーンもめちゃ怖い! 狂人には太刀打ちできませんからね…妖怪より断然リアルなので、よけいに怖い。 後年、熊楠の娘が語っているらしいのですが、熊楠が声をあげてオイオイ泣いているシーンは、生涯の内でその日だけだったらしいです。
 そりゃ、愛している息子が狂って、自分の大切な文献を破るなんて、筆舌しがたい苦しみだよね……。 きっと熊楠の天才ぶりは、常に狂と紙一重で、息子さんは狂の方へ振れちゃったんでしょうね…。熊楠家の脳みそ自体に、狂と天才の紙一重の因子があったのかも。

 話を国男さんに戻すと、私はいままで「狐」って言うと、いろんな神通力や昔話から「狐」と呼ばれる妖怪や精霊のたぐいだろと思っていましたが、この話を読むと、やっぱり狐本人(?)笑、が想念を送って、人をたぶらかしているようですね…。
 『イタリアの天使達』でもちらっとふれた、華厳経なんかを調べると、世の中は全て繋がっていると言いますが、そう考えると、狐の恨みが、人間に飛ぶということも、全然信用できる事象だと思うのです。
 もしかすると、狐や狸のたぐいが、たまたま殊に人間の心の波長に合っちゃうのかもしれませんね。
 そう思うと、駿府の安鶴さんのお話も面白いです。安鶴さんが、狐をなぐって、その復讐に狐が安鶴さんの奥さんに乗り移るって話です。
 動物でもなんでも恨みを買わないのが、一番ですね。密教も西洋魔術も言っていますが、呪いの想念は飛びますから、気をつけないと…。

$『Talking with Angels』西洋墓地の天使像 : 岩谷薫-10_4_23_2 仙台四郎さんは、可哀想。7才までオリコウな子供だったのに、河で溺れて脳に障害が… 障害を持ってから、たのまれもしないのに家々の玄関先を掃除する変わった子に。掃除された家は、栄えると噂され、ラッキーグッズまで売られちゃう。四郎さんの写真を見ると、この笑顔はいいなーと思いますけどね。そーいえば、以前、東北ロケの時に、この奇妙な写真を見た覚えが…これだったのね。
 47才の最後は、道端で捕まえた放火犯を放してしまい、追ってきた人に怒られ突き飛ばされたのを機に、行方不明になったとか… 純真な心が突き飛ばされて、カナリショックだったんだと思う…可哀想すぎる…。
 
 天狗小僧寅吉。平田篤胤を夢中にさせた、天狗の国を行き来したという少年。
 上野の五条天神で、薬売りをしていた天狗に導かれ、天狗の壷の中に入って常陸国や伊勢なんかに何度も何年も行っちゃうのね。
 これだけの説明なら、単に人さらいが、天狗と称して寅吉を連れているような気がするけど、どうやらそうでもないらしい…。そういえば、出口王仁三郎さんも20代の頃、松岡と名乗る天狗に連れられ、丹波の国から信濃の国まで飛んで行ったとか…松岡っていう人っぽい名前が笑えますが。
 私は思うのだけれど、明治ぐらいまでは、天狗やカッパのたぐいは本当に居たんじゃないかと思っています。笑! 
 江戸時代までは、天狗やカッパの精霊の話は、全国的に圧倒的に多いですよね。
ところが、昭和になると、あまり聞かないでしょ…(昭和の妖怪話で有名なのは「口裂け女」かな…。情緒がないよね…笑)
 やはり自然の破壊とともに、そうした精霊は居なくなったんだと思っています。笑。
 ところで、五条天神と言えば私が東京に居たとき、何故かよくお参りに行っていた神社です。今思うと、何故だかよくわかんない?笑。そんなエピソードがある神社とは全然知らなかった。天狗に呼ばれていたのかな?笑。隣にお稲荷さんの洞窟みたいな穴があって、あの空間好きでしたけどね。狐に呼ばれたのかな?笑。枯れ果てた平成の時代ともなると不思議スポットでもなんでもないですが…。
 この寅吉くん、最後の方は、ちょっと気がふれはじめたらしく、篤胤さんも手を焼くように。だもんで、青年期以後からの寅吉くんの消息は不明に…。篤胤さん、もうちょっと最後までレポートしてよ!笑。きっと天狗の国へ行っちゃったんでしょうが…。

 フシギちゃん大好きなので、ついウダウダと書いてしまいました…笑。オモチロイネ。
スポンサーサイト

ウォルター・フライ

 ヨーロッパの古楽が大好き!今日、私のもっている古楽のCDの中に気になる人がいたので、調べてみるとWalter Frye ウォルター・フライ という人だと判明。やっぱりイギリス人なんだ…。やはりどーも、イギリス系のセンスに魅かれますね。
 彼の曲はなんだか春めいててイイんですよ。ウォルター・フライを聞きながら、ラベンダーの香りを焚いて、天使の写真を見ていると幸せかも。
 動画を検索してみると、CDにあった曲はないですが、これがいいかな…。なんでこの写真なのか意味不明ですが。笑。曲、曲。

タルコフスキー ソラリスの曲

 なんども書いていますが、私はアンドレイ・タルコフスキー監督が大好き。特に『惑星ソラリス』は。 この頃、この深淵な映画はスピリチュアルや宗教の視点から見直すと、より面白みが増すのではと思い、それを書こうとしたのですが、かなり長文になりそうなので、また後日にします。笑。
 今日は、その曲です。
 映画のイントロだけで、エラク感動するような映画は、なかなかありませんが、これはブットビの感動でした。

 知らない人のために御説明しますが、この映画のイントロは、この動画の36秒くらいから出る水草の映像だけです。このゆらゆら意志をもつような水草の映像だけを背景に、バッハの『オルガン小曲集』より『われ汝に呼ばわる、主イエス・キリストよ  BWV639』が流れます。


 学生の頃、はじめてこのシーンを見た時は、何故かこれだけで涙が出るほど感動しました!タルコフスキーがすごいんですが、まずバッハがスゴイんですね…。
 人生の苦行のような感じもするし、さりとて重苦しくもなく、奥底に希望の光がみえそうな…痛々しさのなかにもひたむきさがあって…言葉にしてしまうとチンケですが、私の中でとにかくこの曲は絶対!
 それ以来、心の中では何十年もヘビーローテーション。天使を撮っている時も、よく心の中でこの曲が流れていました。

 おそらくタルコフスキーが映画のために収録したのでしょうが、またこれが絶妙~。現在、動画サイトで BWV639と検索するといろんな演奏家の曲が聞けますが、「どれも、違うんだな~…」と思うんです。
 以前、音楽素人の私がグールドを批判をしましたが、その意味はこのBWV639を聞き比べると、なんとなく伝わるかもしれません。極力、演奏家の小さな我を削ぎ落とした中でにじみ出て来る美しさ。ソラリスのBWV639は演奏家のクセがあまり無いんです。その素直さと間が絶妙! 間の扱いがスバラシイ、タルコフスキーもきっと解っていたんだと思う…。
 数多く聞いたBWV639の中で、私はソラリスの639が一番好き。(動画後半の鉄琴のような音は、たしか映画のイントロには無かったはず。ソラリスの海のような水草のシーンを御紹介したかったので、この動画に。)


 御紹介した動画では、地味な二人のおじさんしか映っていない映画ですが、あるいは「ねむたい」なんて酷評する人もいますが、ソラリスは絶対スゴい映画。

桜が咲いて思うこと

$『Talking with Angels』西洋墓地の天使像 : 岩谷薫-10_4_4 桜を撮ってみました。
 昔、小笠原長生(おがさわらながなり)という海軍軍人さんがいて、

 『舎利子見よ 空即是色 花咲かり』

 という名句を残したそうですが、大好きな句です。
 この句は、全ては「空」であるという「般若心経」に則っており、
 舎利子は、お釈迦さんの弟子ですね。まぁ、我々ととらえても問題ないです。
 「色即是空」は虚しい事の代表のようによく言われますが、反対の「空即是色」ですね。 
 ちなみに「色」は現象界。つまり我々が暮らしている世界。「空」は、説明するのは難しいけれど、真実の世界、しょせん何も無いという世界ですね。例えば、「人生なんて泡沫(うたかた)さ」っていう世界。
 たとえ泡沫でありながらも、その色の中で「花咲かり」ってのが、いいじゃないですか。 死と隣合わせの軍人さんらしい歌でもあります。桜の中にある生の「狂」みたいなものもイイですね。 そうそう梶井基次郎さんは、桜の下には死体が埋まっているって言ってましたね。 天使もそうだね…。

 武者小路実篤さんは

『見るもよし 見ざるもよし されどわれは咲くなり』

 とこれはこれで絶対名句ですが、まだ気持ちが枯れ切っていない私は、やはり咲いている時は見てほしいよと思いますヨ!笑!

江原さんから考えた、試練について

 釣りブログになってしまうので大急ぎで更新っ!笑!
 『神秘家列伝』で御紹介した、ミラレパの師匠、マルパのいじめにも似た試練の意味が解らず、なんだか気になっていました。
 何年にもわたってミラレパに、家を作らせては、屁理屈を言って壊させ、また建てさせるという繰り返し。
 以前、一番キツい拷問は穴掘りで、掘った穴をその場ですぐ埋めさせる使役が、精神的に最もキツいと聞いたことがありますが、そんな感じでしょうか。
 必死で努力して築いたものが、目の前で壊されるのは、ホントウに辛いからね…。

 たまたま、図書館で江原啓之さんの本を立ち読みしました。
 江原さん曰く、「類魂(グループソウル)と言って、先祖や前世の魂も、全て一つに繋がっていて、全てが「連帯責任」らしいです」 
 つまり、何が言いたいかと言うと「現世で生きている本人は、何も悪い事はしていないのに、先祖や前世に、何か問題事を起こしている場合、因果は廻ると言うように、その善良な現世の本人にも、因果の収支のバランスとして、本人に身に覚えのない試練が襲ってくることもある」という意味ですね…。
 そう言われるとなんとなく、納得します。

 例えば、御先祖が強い武将の場合、過去世で沢山の人を殺め、恨みも買っているので、現世の善良な子孫さんが、謂われのない、下らないハプニングで苦労している姿も見ないではありません。
 よく死に際に「末代まで呪ってやる!」なんて怖い言葉がありますが、代々、目の病に縁のある家系も私は知っています。遺伝という意味じゃなくて外傷も含めてね。そう思うと、あながち嘘ではないような気がします。

 ミラレパの場合は、非道なしうちをした親族を、呪いによって殺害していますから、この因果の収支の帳尻を合わすために、マルパは、ミラレパにわざとらしい試練を与えたのではないかと今、少しばかり納得しています。ミラレパ本人も気付いていたのかもしれません。

 江原さんは更に言います。「愚かな試練を与えた敵を恨むのではなく、グループソウルのカルマの一部を引き受けて下さった、ありがたい人として、むしろ感謝すべきです」と…。
 理屈はなんとなく解りますが、私は修行が足りんので、感謝まではまだムリかも…苦笑。ちなみに江原さんは以前、こんな事も仰ってました

$『Talking with Angels』西洋墓地の天使像 : 岩谷薫-10_4_2 大きな視点で見るのはなかなか難しいものですが、みんなが繋がっているという感覚はなんとなく解ります…。
 イタリアの天使も、中には、このように猛烈に絶望している天使もいます。
 文化の違いで、こんな気持ちも充分解りますが、
 日本人で仏教徒の私は、せめて死に際は、こんなに取り乱さないようにはしたいと思います。

お知らせ
メインブログを アメーバに変更しました→
写真集
笑とる仏
『笑とる仏ー播磨の石棺仏を中心にー』   谷村新司さん推薦!    播磨の珍しい石棺仏を中心に、素朴な笑顔の石仏の写真集。700年近くもやさしく微笑み続けている石仏達を、さまざまな仏教名言と共に紹介する。この深い笑みはきっと心に響くと思います。巻末には地図もありますので、実際、仏様に会いに行くこともできます。勿論、関西限定書ではなく全国に通じる心の本です。 実質、私の4冊目の写真集。(読み:ワロトルホトケ)
Talking with Angels-ロンドンの天使達
「Talking with Angels-ロンドンの天使達-」 
鏡リュウジ氏の推薦文より
『天使、天使、天使!
この世界は、耳をすませれば天使の羽音に満ち満ちていて、うるさいくらい。たとえ一人でいたって、僕たちは孤独になんかなれっこないのです。この写真集はそのことを伝えてくれます。』 
 

Talking with Angels-イタリアの天使達
「Talking with Angels-イタリアの天使達」
   イタリア19世紀のみごとな墓地彫刻の写真集。
ダンテの『神曲』にならい「地獄」「煉獄」「天国」を彫刻を介し視覚で巡ることができる、美しい天使の本。
プロフィール

岩谷薫

Author:岩谷薫
カメラマン
1995 個展『身体感覚』
1998 個展『Angels of Brompton-祈りのすがた』
2005 写真集『Talking with Angelsーロンドンの天使達ー』
2006 写真集『Talking with Angelsーイタリアの天使達ー』
2008年 スピリチュアル雑誌『Sundari 』記事執筆
『yaso ヴィクトリアン』studio parabolica記事執筆
2009 デジタル印刷すらできない悪質出版社に捕まり、三冊目の天使の写真集が出版不能に。入校データまで全て完成している状態ですので、もし第三集の出版を御検討していただける出版社がございましたら、メールフォームからお気軽にメールしてみてください。第三集は最高傑作なのですが…。
2011 写真集『笑とる仏』実質、4作目の写真集。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。