スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千年近く前の旋律。ヒルデガルド。

 ヒルデガルド・フォン・ビンゲン。この方に関しては過去にも記事を書きました。ヒルディガルドと思っていたら、ヒルデガルドの方が、一般的なようですね。
 『Talking with Angels-ロンドンの天使達-』の中にもとても大切な曲として御紹介しました。この本の制作当時は、ヒルデガルドと検索しても、ほとんど情報が無かったですが、今は随分増えましたね。当時は種村季弘さんの『ビンゲンのヒルデガルドの世界』くらいでしか知りようがなかったですが。
 今日はその曲を紹介します。YouTubeで探しても、幻視者と呼ばれる聖女の歌の中で、「この曲キテル!」と言わしめるほどの私が知っている曲が無かったのは残念でしたが、雰囲気は伝わるでしょう。声楽は歌い手さんによって同じ曲でも全然違いますからね。
 動画に紹介してある絵画は、ヒルデガルドさんの直筆。これがまたスバラシイ。中世の遠近感のない祈りの絵大好き!


 次の動画はダサイですが、曲がいい。彼女の頭に赤いムラムラが書いてあるのは、天啓が降りているしるし。



 他にもヒルデガルドの曲はあるけど、全体的に、みんな演奏が早過ぎる気がする。
 これは私の好みだけだけど、もっとスローに演奏した方がもっと伝わるのにとは思いました。ロンドンの写真集は、これよりも、もっとキテル曲の中で創ったんですよ。
スポンサーサイト

5万年前の反省の神話

 先週でしたが、NHKのテレビ『地球ドラマチック』「メガファウナ~巨大動物 繁栄と絶滅の歴史~」という番組を何気に見ていて、その内容が私にとり、かなり衝撃的でした。

 恐竜絶滅後のオーストラリアの巨大ほ乳類達、メガファウナ(例えば、2メートル以上のカンガルーとか、フクロライオン、ステゴドン、2メートルくらいのウォンバットみたいなヤツ…名前忘れた。笑)は、なんと人間が付け火した野火による、追い込み猟で絶滅したと言うんです!4万とか5万年も前なら、槍や弓で地味に狩猟しているのかと思ったら、野火とは大胆…。この何度も繰り返される野火によって、オーストラリアは、あんな砂漠の大地になってしまったんだって!
 4. 5万年も前の人間なら正に「エデンの園」。環境破壊なんてまったく縁のない環境で、つつましく生きていたと思っていたのに、人間の罪深さを知りガッカリ…。
 それよりもショックだったのが彼らが、私の尊敬する民族、アボリジニの御先祖であるということ。

 アボリジニの思想は環境に関しては徹底しているんだよ。彼らの生活信条は「環境を出来るかぎり現状のまま子孫に残す」というものなんです。だから、農業さえも環境を破壊するとして、わざとしなかったという有力な説もあるんです。
 象徴的な例は仮に、子供がふざけて足下の石を投げたとするでしょ、すると大人は叱って「石を元の位置にもどしなさい」とまで言うんですって! 環境を変えないためにね。
 この考え方は、彼らのドリームタイムという神話の考え方に則っています。
(この辺りは、未だに世に出ていない、私の幻の写真集にも詳しく書いていたのですが…出版社に恵まれず残念至極…なんとかしたいものです…)

 こんなに環境に配慮している民族の御先祖達が、おもいっきり環境破壊をしていたなんて、衝撃でした! おそらくこの御先祖達の大反省、自分の地を砂漠化してしまった大反省が、ドリームタイムという反省の神話として反映しているのでは?と、そんな事を思いました。専門家ではないので、確証はないですが…

 人は、たとえ気付いていても「荒れ地」まで突き進んでしまうものなのでしょうかね… 5万年も前からそんなことしていたなんて…人類に組み込まれた性としか言いようがないかも…。
 イースター島も森林伐採で、人が住めなくなったと言います。森林を伐採しながら、きっと途中で気付いていた島民も沢山いただろうに…でも、伐採を止められなかった島民の心境はいかがなものだったろう…

 現在は、小さな島どころか、地球全体の問題ですから…現代人は私も含め、存在している事自体が、大きな環境破壊ですから、イースター島の最後の島民の気持ちも、将来はっきりと解って来そうで、どうしたものかとも思います…

平均律クラヴィーア

 前回の『ゴールドベルグ変奏曲』といえば、バッハの『平均律クラヴィーア曲集』も良かったなと思い出し、聞いてみました。
 秋という季節、これから寒くなるので、あまり好きではないのですが、このポロン、ポロ~ン…とスローに演奏されるピアノ、この季節の憂鬱さやアンニュイさがあって好きです。

『草枕』を読んでいろいろ

 近頃、小説は読まなくなりました。
その理由はこの小説の中にも説明してあります。

「苦しんだり、怒ったり、騒いだり、泣いたりは、人の世につきものだ。余も三十年の間それを通して、飽々した。飽き飽きした上に芝居や小説で同じ刺激を繰り返しては大変だ。」とあり、
 この心境に私もまったく同感です。情や業の話はもう沢山です。確か、中沢新一さんも似たようなことを、どこかで語っておられた記憶が…
 でも、情や業があってこそ、人生は楽しいとも言えるので、やっかいなものです…
第一、こんな事を書いている漱石さんが小説を書いて矛盾していますから…

 以前、テレビでピアニストのグレン・グールドを紹介しており、彼の晩年の愛読書が夏目漱石の『草枕』だと知り、少しだけ興味をもって読んでみました。
 でも、私はグールドの演奏、実は好きじゃありません。有名なバッハの『ゴールドベルク変奏曲』なんて我が強すぎて聞けませんでした。「あなたの我はもうイイから…」という感じです。バッハのような宗教性の高い曲を、小さな我で塗りたくられると、私などはちょっとした冒涜とさえ思ってしまう。クラシックの演奏者はあくまで正当に演奏してその究極に達してもなお、滲み出てくる個性で勝負して欲しいと音楽素人の私は思ってしまうのですが…。

 「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。云々」であまりに有名な書き出しですが、この言葉以外にもイイ言葉が前半にはいっぱいあります。
 「とかくに人の世は住みにくい。」 住みにくいからといって、越す国はあるまい。あれば人でなしの国へ行くばかりだ。と漱石さんは書いておりますが、「人でなしの国」、文明を拒否した国、「野生」へ向かったのは、画家のゴーギャンでした。
 ゴーギャンをタヒチに向かわせた発想は、とてもすばらしいと思うのですが、晩年は作品も認められず、病がちで可哀想な一生でしたよね。ゴーギャンについて書かれた本によると、彼は相当な自信家で皮肉屋で、かなり友達からも嫌われていたようです。晩年の病の原因も、水夫との下らない喧嘩の怪我が原因だったとか…タヒチへの発想は最高に良かったんだけど、人と成りに少々爆弾をかかえていたのが問題だったのでは…? しかし、それゆえ作品が生まれたのかもしれませんが…。

 『草枕』に話を戻して、書き出しにある、雲雀について書いた詩のような文章がとてもキレイなんです。ちょっと引用すると。


 「あの鳥の鳴く音には瞬時の余裕もない。
 のどかな春の日を鳴き尽くし、鳴きあかし、また鳴きくらさなければ気が済まんと見える。
 その上どこまでも登って行く、いつまでも登って行く。
 雲雀はきっと雲の中で死ぬに相違ない。
 登り詰めた揚句は、流れて雲に入って、漂うているうちに形は消えてなくなって、ただ声だけ が空の裡に 残るのかも知れない。」


 なんとなく、求道者のあるべき姿のような気がして、その切なさや儚さも感じられ好きです。声に成り切る。絵に成り切る。写真に成り切る。 成り切る。

 小説の内容は、あまり私の好みではないのですが…。
 主人公の画家さんは、非人情な旅(人情にしばられない旅)をしようと書いてあるのに、内容はやっぱり人情に介入せざるを得ない矛盾。矛盾がダメと言っているわけではないんですよ…人間は矛盾だらけですし、矛盾を通してのみ真実が見える場合もありますし…。
 知識豊富で、自然描写にも執拗にこだわりをもっている文章を読んでいると
「漱石先生。そりゃ、胃痛にもなりますよ…」と言いたくなってしまいました。小説家さんは、こうしたところ、大変ですよね。写真家は撮ればほとんど説明は要りませんから。

 ラストの、別れた夫が、出兵する去り際に見せた、出戻り婦人の切なげな顔を見て主人公の画家が「この顔なら絵になりますよ」とか言ってしまうのもいかがなものかと… 人の不幸をよそに、頭でっかちの芸術家がいい気なもんだよ…とか思ってしまいました…。

 しかし、同じ後半の、機関車になぞらえての、文明批判は良かったです。簡単に要約すると、文明という、真っ暗闇に向かって突き進む機関車に、人は積み込まれ猛進しているという警鐘です。以前にも書いたパパラギの視点と同じです。
 明治のむしろイケイケの時代に、こうした視点を少しもぶれずにちゃんともっておられるのは、さすが漱石先生。
 なんとなく、小説というよりは、漱石さんの胃痛を感じる随筆にすれば良かったのにと思いました…でも随筆にしてしまうと、きっとここまでこの作品が有名にはならなかったのでしょうね。

なんだか気になる天使

$『Talking with Angels』西洋墓地の天使像 : 岩谷薫-09_10_7
 「相元じぃショック」でつい、昨日アップしそびれたロンドンの天使です。笑。
 写真集には紹介していません。理由は解らないのですが、なんだかここ数日、この天使が思い出されて、出たい出たいといっている感じだったので、アップしてみました。うつくしい造形ですよね。
 ラッパは最後の審判の時に鳴らすもので復活を象徴しています。
お知らせ
メインブログを アメーバに変更しました→
写真集
笑とる仏
『笑とる仏ー播磨の石棺仏を中心にー』   谷村新司さん推薦!    播磨の珍しい石棺仏を中心に、素朴な笑顔の石仏の写真集。700年近くもやさしく微笑み続けている石仏達を、さまざまな仏教名言と共に紹介する。この深い笑みはきっと心に響くと思います。巻末には地図もありますので、実際、仏様に会いに行くこともできます。勿論、関西限定書ではなく全国に通じる心の本です。 実質、私の4冊目の写真集。(読み:ワロトルホトケ)
Talking with Angels-ロンドンの天使達
「Talking with Angels-ロンドンの天使達-」 
鏡リュウジ氏の推薦文より
『天使、天使、天使!
この世界は、耳をすませれば天使の羽音に満ち満ちていて、うるさいくらい。たとえ一人でいたって、僕たちは孤独になんかなれっこないのです。この写真集はそのことを伝えてくれます。』 
 

Talking with Angels-イタリアの天使達
「Talking with Angels-イタリアの天使達」
   イタリア19世紀のみごとな墓地彫刻の写真集。
ダンテの『神曲』にならい「地獄」「煉獄」「天国」を彫刻を介し視覚で巡ることができる、美しい天使の本。
プロフィール

岩谷薫

Author:岩谷薫
カメラマン
1995 個展『身体感覚』
1998 個展『Angels of Brompton-祈りのすがた』
2005 写真集『Talking with Angelsーロンドンの天使達ー』
2006 写真集『Talking with Angelsーイタリアの天使達ー』
2008年 スピリチュアル雑誌『Sundari 』記事執筆
『yaso ヴィクトリアン』studio parabolica記事執筆
2009 デジタル印刷すらできない悪質出版社に捕まり、三冊目の天使の写真集が出版不能に。入校データまで全て完成している状態ですので、もし第三集の出版を御検討していただける出版社がございましたら、メールフォームからお気軽にメールしてみてください。第三集は最高傑作なのですが…。
2011 写真集『笑とる仏』実質、4作目の写真集。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。