スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人じゃないと降りてこない…写真のすごい情報量

 1月25日の文章に、ジャンヌ・ダルクが「一人じゃないと神は降りてこない」と言ったと書きましたが、私の経験から、これにまつわるお話を書きます。08_02_29_記事
 ロンドンの天使の撮影のために三度、ロンドンへ訪れたのですが、二度目の旅行の時だけ、友人と一緒に行きました。他はいつも一人旅です。   
 ある時、その友人と行った二度目の取材の写真を見せに、親しい編集者のもとへ訪れました。その編集者さんは、以前から私の写真を高く評価してくださり、写真専門のお仕事をされ年間、何十万枚もの写真と対しておられるスゴ腕の方です。
 いつもならば、私の写真を見てすごく喜んでくれるのですが、その時ばかりは、彼は言葉少なでした。そして写真を見終わり、ポツリと「岩谷くん…この取材、一人で行ったんじゃないでしょ…?」と言われ、とても驚きました。何故って、彼には、友人と二人で取材したなどいっさい、伝えていませんし、フィルムにも友人はいっさい写ってはいないのです!
 呆気にとられた私が「なぜそこまで解るのですか??」と尋ねると、彼はしたり顔で「ぼくをナメてもらっちゃ困るよ…。この写真からは、いつもの岩谷くんの鬼気迫る集中力が感じられない。気が散っちゃってるよ…。」と言われました。
 お見それしました…。確かにその通りで当時、携帯電話も海外では繋がらない時代、見知らぬ墓地内で友人とはぐれるのがいやで、撮影中も友人の動向が気になって仕方がなかったのです。まさしく気が散じてしまい、私自身その状況にストレスすら感じていました。
 その思いが全て、写真に出てしまうなんて自分でも信じられませんでした。確かにその取材の時、ほとんど天使達とTalking出来ていなかったのかもしれません。実は鑑賞者で、そこまで解る人はなかなかいません。しかし観る人が見ると、写真はものすごい情報量で、魂までも写し出してしまうものなのです。やはり二度目の取材の写真は写真集にほとんど使えませんでした。
 それ以来、天使の撮影の時はいつも一人です。持ち前の集中力で召還するような感覚でしょうか。ジャンヌの言葉の真意もこの集中力が問題だったのだと思います。そして、Talkingでき、降りてきた時の感動はなかなか言葉では表現できません。

スポンサーサイト

家系について

 最近、家系の本でおもしろい本を見付けたので、御報告します。『家系を科学する』与那嶺正勝 著 創芸社 です。この本との出会いも不思議で、前回のブログに書いたように、実家へ法事で帰っていた時、親戚一同が集まり、「名付け」の不思議について語りました。というのも、うちの親戚の孫などの名前が何故か、三代や四代前の先祖の名前に知らず知らずのうちになってしまうという話でした。子が生まれて、名前を付けて、その後から御先祖と同じ名前だったと気付くのです。うちの家系でも過去に同じ例がありました。08_02_21_記事
 そういう時、何か家系の不思議を感じるのです。よく家系のクセなんて言いますよね。女性ばかり生まれる家とか、当主が若死傾向の家とか…。
 たまたま『ファミリーツリー』という言葉を一つのキーワードとして、雑誌用の記事を書いていた時だっただけに、よけいに気になりました。前回のキンモクセイのブログもそんな心境でした。そういう時って、ふいにテレビを点けると「家系」を語る番組だったりするんですよ!
 これは「家系を調べろ」という、天からのお達しかな?笑、と思い、御得意の図書館で、この本を見付けました。
 家系のクセを統計学的に解明しようとしたおもしろい本です。残念ながらアマゾンのレビューなどには、ある宗教団体との関連を示唆するような批判的な書評もありますが、私自身はその団体とは関係ないと思っています。非常に丁寧にお人柄の解る文章で、誠実に書いているのが行間から伝わります。
 往々にしてこうしたスピリチュアルというか不思議本は、利用されたり批判の槍玉にあげられやすいので、作者に同情さえしたくなります。
 何故、私がここまで良い本だ言えるかというと、私は、このブログ、2007年8月13日の記事に書いたように、墓所を改修する際、家系図の見直しをしているのです。ですから四代くらい前までの自分の家の家系図は、御先祖の名前と共に頭の中にインプットしています。
 その頭の中の自分の家系図と照らし合わせながら、この本を読んでいくと、とても「身に覚えがある」ことが多いのに驚かされるのです。あくまで想像ですが、この本を批判的に解釈して「こじつけ」と評する人は、自分の家の家系図を的確に把握していないのかもしれません。少なくとも、うちの家系ではこの本に書いてあることがちゃんと当てはまっており、実感として自分を別の視点から見直す良い機会となりました。御先祖と共にある『ファミリーツリー』という非常に長いスパンでの、一つの生き物、植物のような気さえしてきます。そして当たり前のことですが、夫婦愛にあふれ、極力、人の恨みは買わないという生き方です。
 この本は、ある程度、自分の家系図を把握している人の方が、前半、抵抗なく入っていけるかもしれません。

ささやかな幸せ

 連休中は、実家の法事で正月に引き続き、再びふるさとに帰っていました。実家には曾おじいさんが植えた、大きなキンモクセイの木があります。植えた当時の古いセピア色の写真を見ると、曾おじいさんと同じくらいの大きさでしたが、今では、その3~4倍にまで成長して、秋には、すばらしい香りと共に、まるで金色の絨毯のように花が咲き乱れます。
 この木は、いい時もわるい時も、ずっと我々家族を見守り続けています。その根方にたたずみ、木を見上げると、ふと「このささやかな幸せ」はいったいいつまで続けられるのだろうと思ってしまい、すこしばかり切なくなりました。

節分の豆をもとめて

以下の記事は、2月2日に書いたものですが、今日、ブログを確認すると、変な広告が引っ付いてとれません。記事を削除しても取れません。いやな感じです。せっかく書いたので、日づけは違いますが、掲載しておきます。
---------------------
 明日は節分ですね。暦が変わる大切な時なので、一人暮らしの私でも必ず、豆まきはします。
暦が変わることを身近に感じるには、例えば「占いサイト」を見れば分かります。特に四柱推命など東洋占いのサイトを見ると、「今年の運勢」が明日と明後日とでは、内容が変わっているハズなんです。そんな大切な時期なので、必ず豆まきはするんです。08_02_02_記事

 毎年、近所のお気に入りの神社で豆を買うのですが、今日はなんと、売り切れ!よほど近所のスーパーで買ってしまおうかと思ったのですが、やはり豆まきは「神事」なので、神社で買いたく、電車に乗ってわざわざ赤坂の日枝神社まで行ってきました。写真がそれですが、鳥居の右横に神社用の長いエスカレーターがあります。都会らしい神社です。エスカレーターに乗りながら「神の国もこうして楽チンで行けるのかな?」と思いましたよ。笑。昇天です。幸い、一人暮らしには多すぎるくらいの豆が買えました。
お知らせ
メインブログを アメーバに変更しました→
写真集
笑とる仏
『笑とる仏ー播磨の石棺仏を中心にー』   谷村新司さん推薦!    播磨の珍しい石棺仏を中心に、素朴な笑顔の石仏の写真集。700年近くもやさしく微笑み続けている石仏達を、さまざまな仏教名言と共に紹介する。この深い笑みはきっと心に響くと思います。巻末には地図もありますので、実際、仏様に会いに行くこともできます。勿論、関西限定書ではなく全国に通じる心の本です。 実質、私の4冊目の写真集。(読み:ワロトルホトケ)
Talking with Angels-ロンドンの天使達
「Talking with Angels-ロンドンの天使達-」 
鏡リュウジ氏の推薦文より
『天使、天使、天使!
この世界は、耳をすませれば天使の羽音に満ち満ちていて、うるさいくらい。たとえ一人でいたって、僕たちは孤独になんかなれっこないのです。この写真集はそのことを伝えてくれます。』 
 

Talking with Angels-イタリアの天使達
「Talking with Angels-イタリアの天使達」
   イタリア19世紀のみごとな墓地彫刻の写真集。
ダンテの『神曲』にならい「地獄」「煉獄」「天国」を彫刻を介し視覚で巡ることができる、美しい天使の本。
プロフィール

岩谷薫

Author:岩谷薫
カメラマン
1995 個展『身体感覚』
1998 個展『Angels of Brompton-祈りのすがた』
2005 写真集『Talking with Angelsーロンドンの天使達ー』
2006 写真集『Talking with Angelsーイタリアの天使達ー』
2008年 スピリチュアル雑誌『Sundari 』記事執筆
『yaso ヴィクトリアン』studio parabolica記事執筆
2009 デジタル印刷すらできない悪質出版社に捕まり、三冊目の天使の写真集が出版不能に。入校データまで全て完成している状態ですので、もし第三集の出版を御検討していただける出版社がございましたら、メールフォームからお気軽にメールしてみてください。第三集は最高傑作なのですが…。
2011 写真集『笑とる仏』実質、4作目の写真集。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。