スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻の論文

 新年早々、大量の文章を書かなきゃいけない仕事が2つも入り、最近まで、しょっちゅう文章を書いており、ブログまで文章を書く気力がありませんでした…見て下さった方々すみません。
 一つは、白夜書房の『Sundari』さんからの御依頼。パワースポットとしてのロンドンの墓地について、執筆を依頼されました。作者としては勢い込んで、書いたのですが、08_01_25_記事「難しそう」なのと「紀行文らしく」との御要望で、以下の力の入った長い論文はボツになってしまいました。笑!編集者の仰ることももっともで、作者は作品に近すぎて、遠いところへ飛んでしまうことがあります。でも、せっかく書いたし、難しくても解ってくださる方は必ずいると思うので、アップしてみます。おヒマなら読んでください。『Sundari』は3月15日発売だそうです。もう少し、解りやすく、別の視点から別の内容の私の文章と写真が掲載されているはずですので、いずれ、よろしければ御覧ください。文章を書くのは大変ですね…。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『パワースポットとしてのロンドン19世紀の墓地』

 禅の世界では、悟りの境地の超純粋経験を『不立文字』と表し、言語で表現できるものではないとし、また、神話学者のジョーゼフ・キャンベルは神について『最善のものは思考を超えているから語ることはできません。次善のものは誤解される。』と表しています。
 ここに紹介した天使達との出会いも、これらの表現に非常に近い衝撃的な経験でした。私の人生の中で、一番美しく大切な記憶に違いないのですが、その感動をいくら文章にしてみたところで、言葉はあふれ出てくるにもかかわらず、書けば書くほど本質はすり抜けていき、キャンベルの言うように誤解すらされてしまうものなのです。
 この部分の少し解りやすい例は、リュック・ベッソン監督の『ジャンヌ』という映画にあらわれています。神の声が聞こえるというジャンヌ・ダルクは尋常ではない衝動と、ものすごいパワーで突き進みます。しかし、結局のところ普通の人とは言葉や行為において共通項が無く、理解されるべくもなく、魔女として火刑にあってしまうのです。映画の中でもジャンヌは雄弁でした。でも言語を介している限り、そのあまりにも神聖な一人称の出来事は、基本的には伝わっていないのです。その後、ずいぶん後世になってジャンヌ・ダルクは聖女に列せられましたが。
 幸い、私はカメラマンなので、その超純粋経験の残滓を映像として残すことができます。超純粋経験をあえて伝えようとするのであれば、言語よりも映像の方が少しばかり雄弁なのです。それは密教の曼荼羅も証明しています。曼荼羅は言語化できない教えを図像化しているものなのです。
 ですから、あえて今回は、私が「この場所でどうだった」とか「その後どうした」とかを記すのを極力控えました。純粋経験はその場その場、この写真と出会った今この場で各々が、経験すればいいことのように思えたからです。私の場合その後どうなったか、何か観てしまった人の衝動の残滓をお知りになりたい方は写真集『Talking with Angels-ロンドンの天使達』の「あとがき」に少し記しています。その超純粋体験はあくまで私の場合であり、一般論ではありません。でもその超純粋体験を経験するからこそ、人それぞれ生きる価値があるものでしょう。
 墓地という場所は、恐ろしい場所でもなく、そうした自分に向き合える場所なのです。埋葬は、その人の再生を暗示しており、生き残った人の再生をも暗示しているのです。それはロンドンと言わず、自分の家のお墓でも、もちろんそうなのです。
 暗いと思っている中にこそ光があり、誠実であるかぎりメッセージは必ず聞き取れるはずなのです。

 ロンドンの墓地に限って言えば、明らかに私にとってのパワースポットです。
この天使達との出会いによって、ずいぶん私の人生そのものも変わりました。それはひょっとすると、ストーンヘンジなども含む、イギリスのレイラインのせいかもしれませんし、もし生まれ変わりがあるのなら、私はロンドンの墓地にかつて埋まっていたような気さえするのです。かの、天国や地獄を見てきたと言って、一世風靡したスウェーデンボルグの才能も、イギリス滞在がきっかけで開花したと聞きます。ロンドンやイギリスそのものに何か不思議なパワーを感じずにはいられません。
 もし墓地に足を踏み入れる場合、地元の人々やそこの霊達にも「礼」をつくす気持ちで入ってください。万が一、いやな「気」が流れているような予感のする場所は、極力避けるのが懸命です。そしてできることなら一人で行くことをお勧めします。ジャンヌも映画の中で言っています、「一人じゃないと神は降りてこない」と。純粋に一人になって、天使と対話、そして自分自身と対話してみてください。そこから言葉では表現できない超純粋経験がはじまるのです。

スポンサーサイト

理由を必要とせず確信にみちて

08_01_11_記事
 ロンドンの写真集に使った言葉ですが、今思うと、「理由」を「理屈」と言った方がしっくりくるかも知れません。
 12月20日の記事にも似たようなこと書きましたが、今年もまた、そんな心境(英語ではかっこよく。Zoneとかいう表現も使うらしいですが)になれたらいいなと思います。

ふるさとへ

 お正月は、実家に帰っていました。私の実家は老人の独り暮らしなので、(というわけでPCに繋げる環境になく、更新もしていないのに読んで下さった方々ありがとうございました。)
帰った時くらいは、男手の必要な掃除や家の修理は私がします。昭和初期の母ですから、なんでも物をとって置きたがるんですよ。意味不明な空箱とか新聞とか…笑。今年もがんばりましたよ。冷蔵庫くらいの大きさの壊れたガスオーブンを焼却場に捨てにいったり、30年も現役で動いていた換気扇が壊れたので、新しいのと取り替えたり…などなど。一人で、大工、植木屋、電気屋、ガス屋、清掃業者、を兼ね結構疲れました。
 おかげで、畳3~4帖くらいのスペースは広くなったと思います。思い出の品も沢山ありましたが、使えないので仕方がないですね。でも市の焼却場でゴミの山を目の当たりにする度、「何か間違ってるんだろうな…」とは思います…。焼却場のベルトコンベアに、幼少の頃、いつも家族で囲んだテーブル(今は木食い虫が巣食ってボロボロ)が去っていく姿は、なんだか印象深かったです。
 人も家も、ふるさとの山河も、順繰りに壊れていきますね…
お知らせ
メインブログを アメーバに変更しました→
写真集
笑とる仏
『笑とる仏ー播磨の石棺仏を中心にー』   谷村新司さん推薦!    播磨の珍しい石棺仏を中心に、素朴な笑顔の石仏の写真集。700年近くもやさしく微笑み続けている石仏達を、さまざまな仏教名言と共に紹介する。この深い笑みはきっと心に響くと思います。巻末には地図もありますので、実際、仏様に会いに行くこともできます。勿論、関西限定書ではなく全国に通じる心の本です。 実質、私の4冊目の写真集。(読み:ワロトルホトケ)
Talking with Angels-ロンドンの天使達
「Talking with Angels-ロンドンの天使達-」 
鏡リュウジ氏の推薦文より
『天使、天使、天使!
この世界は、耳をすませれば天使の羽音に満ち満ちていて、うるさいくらい。たとえ一人でいたって、僕たちは孤独になんかなれっこないのです。この写真集はそのことを伝えてくれます。』 
 

Talking with Angels-イタリアの天使達
「Talking with Angels-イタリアの天使達」
   イタリア19世紀のみごとな墓地彫刻の写真集。
ダンテの『神曲』にならい「地獄」「煉獄」「天国」を彫刻を介し視覚で巡ることができる、美しい天使の本。
プロフィール

岩谷薫

Author:岩谷薫
カメラマン
1995 個展『身体感覚』
1998 個展『Angels of Brompton-祈りのすがた』
2005 写真集『Talking with Angelsーロンドンの天使達ー』
2006 写真集『Talking with Angelsーイタリアの天使達ー』
2008年 スピリチュアル雑誌『Sundari 』記事執筆
『yaso ヴィクトリアン』studio parabolica記事執筆
2009 デジタル印刷すらできない悪質出版社に捕まり、三冊目の天使の写真集が出版不能に。入校データまで全て完成している状態ですので、もし第三集の出版を御検討していただける出版社がございましたら、メールフォームからお気軽にメールしてみてください。第三集は最高傑作なのですが…。
2011 写真集『笑とる仏』実質、4作目の写真集。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。