スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宗教について-2 宗教者としての 李登輝 さん

前台湾総統の李登輝さんですが、カメラマンである私はちょうど一年前、彼を撮影する栄誉にあずかりました。その感動も無くなったHPに記していたのですが、最近、彼の著書を図書館で見付け読んでみました。「李登輝学校の教え」これ、なかなか良かったです。去年、李登輝さんと初めて撮影で御会いしたとき、私は政治の話をされるものとばかり思っていましたが、意外にも、政治の話はほとんどされず、宗教や哲学の話に終止されました。李登輝さんが目を通している本も奇しくも私と重なっており、とても感動し握手までしていただいた良い思い出があります。偉大な政治家であり、偉大な宗教者なんです。「李登輝学校の教え」から李登輝さんの宗教観を抜粋します。ーー「実は政治も法律も国家も、我々個人のサルベージ、救済はできないのです。それはどこの国でも同じことで、国家はそういうことはやってあげられない。だから、そのときにこそ宗教というものが必要になってくると私は思う。」ーー「経済や政治がどんなに発展しても、こうした人間の魂や社会の病の問題に対する解決策は見いだせない。この問題を解決するには、我々は物質的な価値を超越した、より強い精神的な力に頼らねばならない」ーーこの本の李登輝さんの人生観を記した箇所には、もっといい言葉がたくさんあるのですが、07_7_31_記事長くなるので、この辺で。だから図らずも、私のイタリアの写真集の帯や紹介文に「宗教くさいものはどうも」という言葉が入っていますが、私が書いたわけでもなく、実はこういう視点は、まずいなとさえ思います。本の内容は100%私なので御安心ください。笑。撮影した李登輝さんの写真は、肖像権や何やら、ややこしそうなのでアップしません。写真はジェノバの天使。
スポンサーサイト

宗教について

ホームページがあった頃のコラムから。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「イタリアの天使達」の帯や、この本の内容紹介に、「宗教くさいものはどうも」という言葉がありますが、もちろん、この言葉は私が書いたものではありません。出版するためにはいろんな人の思いが錯綜しますので、この言葉についてのコメントはここでは差し控えますが、私自身の思いでは、宗教や信仰というのはとても重要なものであり、ましてや敬遠すべきものではありません。前回御紹介したダライ・ラマさんの法話の中にも「仏教とは心の科学である」とか「全ての宗教は、人間の価値観を目覚めさせるための方法論である」と言う表現がありました。また、私の本で頻出するジョーゼフ・キャンベルさんも「悟りに至るためにおすすめできる、07_7_30_記事二つの道は、芸術と宗教である」と述べています。必ずしも芸術と宗教に限定せず「おすすめできる」と述べているところなどいいですね。この芸術と宗教というテーマでは、文化人類学者の中沢新一さんも「目に見えないものを、見えるようにするのが、宗教と芸術である」と以前、テレビ番組で述べておられました。私の写真集「Talking with Angels」も目に見えないものを結構、見えるようにできたと思うのですが…笑。写真はジェノバの天使。

死の天使  オスカーちゃん

今朝、なにげにテレビを見ていると、患者の死期を知らせる猫、オスカーちゃんの報道がありました。おとなしくて利口そうな猫ですよねー。僕はテレビに写っている猫にも話かけるくらい猫好きなので、見入ってしまいました。笑。
07_7_28_記事ロンドンのハイゲートセメタリーにも、墓守さんが飼っている猫がいて、ドミノちゃんといいます。ブサイクちゃんですが、おとなしくてカワイイ。この子は、死期どころか、周りが全部死人なので、人が見えないようなものもいっぱい見ているような気がしてなりません!笑。たまに普通の飼い猫でも、抱き上げると、人の肩越しの方をじーっと見ている猫がいます。「キミには何か見えてるの?」と思う時がありますヨ。こういう猫に共通していることは、みんなおとなしくてイイ子のような気がします。(写真はドミノちゃん)

時間と空間、気の一致

07_7_27_記事
トリノでの一枚。この日、天気予報は雷雨で、降水確率も高かったのですが、下見のつもりで墓地に訪れると、にわかに30分ほどだけ晴天になりこんな写真が撮れました。止まっている像を撮るから簡単だろうと思う人もいるかもしれませんが、とんでもなくて、天使に会える時間は、ほんの3分だったりします。それこそ時間と空間、気の一致です。撮影に天使が協力しているのがわかります。そんな瞬間はたとえようもなく幸せで、私の魂もどこかへ飛んでしまいます。笑

青空のある教会

07.7.25_記事ロンドン東南にあるNunhead(尼さん頭?)墓地にある教会。実はこの教会には屋根がありません。戦争中に爆撃にあい、焼けてしまったとか… でも、壁に区切られた青空の見える教会もすてきだと思いました。写真集には紹介していないシーン。
お知らせ
メインブログを アメーバに変更しました→
写真集
笑とる仏
『笑とる仏ー播磨の石棺仏を中心にー』   谷村新司さん推薦!    播磨の珍しい石棺仏を中心に、素朴な笑顔の石仏の写真集。700年近くもやさしく微笑み続けている石仏達を、さまざまな仏教名言と共に紹介する。この深い笑みはきっと心に響くと思います。巻末には地図もありますので、実際、仏様に会いに行くこともできます。勿論、関西限定書ではなく全国に通じる心の本です。 実質、私の4冊目の写真集。(読み:ワロトルホトケ)
Talking with Angels-ロンドンの天使達
「Talking with Angels-ロンドンの天使達-」 
鏡リュウジ氏の推薦文より
『天使、天使、天使!
この世界は、耳をすませれば天使の羽音に満ち満ちていて、うるさいくらい。たとえ一人でいたって、僕たちは孤独になんかなれっこないのです。この写真集はそのことを伝えてくれます。』 
 

Talking with Angels-イタリアの天使達
「Talking with Angels-イタリアの天使達」
   イタリア19世紀のみごとな墓地彫刻の写真集。
ダンテの『神曲』にならい「地獄」「煉獄」「天国」を彫刻を介し視覚で巡ることができる、美しい天使の本。
プロフィール

岩谷薫

Author:岩谷薫
カメラマン
1995 個展『身体感覚』
1998 個展『Angels of Brompton-祈りのすがた』
2005 写真集『Talking with Angelsーロンドンの天使達ー』
2006 写真集『Talking with Angelsーイタリアの天使達ー』
2008年 スピリチュアル雑誌『Sundari 』記事執筆
『yaso ヴィクトリアン』studio parabolica記事執筆
2009 デジタル印刷すらできない悪質出版社に捕まり、三冊目の天使の写真集が出版不能に。入校データまで全て完成している状態ですので、もし第三集の出版を御検討していただける出版社がございましたら、メールフォームからお気軽にメールしてみてください。第三集は最高傑作なのですが…。
2011 写真集『笑とる仏』実質、4作目の写真集。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。