スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリアの信仰心

11_2_11_1 イタリアの信仰心は、おおむね厚いです。
 特に南へ行くほど、厚い印象があります。しかし南へ行くほど、天使の数はなぜか減っていく傾向にあるようです。
 ナポリに行った時には、レリーフ状の小さな天使は居ますが自立型の大きな天使像は、墓地にはほとんど居なかった記憶があります。
 そのかわり、ナポリの19世紀頃のお金持ちのお墓はすごく変わっていて、墓地の中に2階建てくらいの外見上、まったく普通の家が建ってるんです。窓ガラスも付いています。正に死者の終の住処。家族の参拝者は、まるで普通の家のように、玄関の前に車を横付けして、カギをあけて、死者の家に入っていく光景をみました。
 そんな死者の家が、結構沢山あるので、その辺一帯は正に、死者の街。
 これは珍しい!と思い、カメラを構えたら、隣に居たお爺さんが、トントンと肩をたたいて、「撮るな!」との意思表示…。イタリア語はさっぱり解らないけど、お爺さんの目の奥は、軽ーく怒っている感じがしたので、結局、撮らず終いになってしまいました…。11_2_11_2
郷に入れば郷に従えですし、死というテーマは各国、微妙な心の問題ですからね…、きっと信心の厚いお爺さんだったのでしょう。でも今、思うとあれは撮っておけば良かったナー……と、思い出す度、後悔することがあります。笑。(今まで撮影拒否されたのは、この経験だけです)
 墓研究をしている訳ではありませんが、文化人類学上も、興味深い資料だったと思うのですが…。

 なので、ナポリの写真はないので、今日はジェノヴァ、スタリエーノ墓地の玄関口の写真。1枚目は、玄関口を守る女神像。頭から17本近くの尖った後光がさしていて、ちょっとアメリカの自由の女神を思わせさます。11_2_11_3左手には砂時計の柄のある本を持っています。砂時計で限りある人生の時間を象徴しているわけです。おそらく全長10m以上はあるでしょう。
 2枚目は、女神像の後ろにそびえる巨大なエントランス。いやがおうにも、死への荘厳さをかきたてる仕組みになっています。
 3枚目は、エントランスの階段を上がって、女神の背中をのぞむ風景。この墓地はかなり豪華で、かつ広大です。日曜日ともなると、女神の周りには大勢の参拝者が集まります。ロンドンでは、日曜日に墓地でこんなに人々が集まる光景を目にしたことはありませんでした。そんな光景からも信心の厚さを感じました。
 スタリエーノ墓地は、おそらくヨーロッパ中でもっとも彫刻の技、量とも最高レベルの墓地だと思います。そこには、天国や地獄をも表現した、天使や髑髏などの彫刻が劇場的におびただしく並べられています。あたかも人生は劇場であると言わんばかりに。昨年の11月に『スピリットランド』の記事を書きましたが、今、思うと、あれに書かれている死後の旅のような体験ができる地上での希有な場所だと思います。




スポンサーサイト

ピーターラビットの登場動物の名前

11_1_27_記事 私はピータラビットが大好きなんですが、ピーターラビットの登場動物の名前って、ロンドンのBrompton Cemeteryの墓碑名から多くが付けられたって知ってた?知らんよね。そんなこと。笑。
 ふとそんなことを思い出したから書いてみました。昔、この雑誌にも書いたんだけどね。
 作者のベアトリクス・ポッターさんも、お墓を徘徊することが好きだったらしいです! やはり墓地はインスピレーションの源泉。(水木しげる翁も墓地徘徊が趣味でしたね。笑)でも、全然変な趣味じゃなくて、ロンドンの墓地はGarden Cemeteryという発想だから、公園感覚でみんな憩っているわけです。イタリアはそんな習慣ないけどね。文化の違いですね。
 写真はブロンプトン セメタリー内の小道。ちょっと冬枯れているところが思索にはよさそうです!笑。小さく見えるのは墓石。きっとポッターさんも歩いたことでしょう…。

ロンドンの天使の取材日記

$『Talking with Angels』西洋墓地の天使像 : 岩谷薫-10_3_24 うとおしい雨が多いですね。ロンドンの3月はPM4:30頃には、もうかなり暗かった記憶があります。そんな事を思っていると、古い取材日記を見付けました。
 写真の天使を撮った頃のものです。この写真は逝っちゃってます。笑。『Talking with Angelsーロンドンの天使達ー』81ページに掲載したものです。
 ちょっと長い日記なので「オヒマな~ら、見てよね♪」(来てよねか…) 
───────────────────────────── 

 そういえば、3月の取材でも不思議な事があった。その日はもう取材最終日で、ある墓地の撮影に行った帰り道のことだった。3月の取材は、もちろん、いい写真も撮れたが、総体的にはまだ草木も葉をつけておらず、枯れ枝のみが、まるで人の血管のように神経質に写る、少し悲しげな天使の写真が多かった。取材の中身としては満足なのだが撮影としては100点とはいかない気分だった。そんな気持ちで帰り道を捜したが、その地区は近くに鉄道の駅がないので、バスでホテルに帰ることにした。
 ただ、バスに乗るにはある程度、ロンドンの町の名を知っておかないと、一直線に書かれた路線図は全然解らない。しかたなく、最終駅だけをたよりに、どこへ行くのか判らないけれど、とりあえずそちら方面行きという感覚で乗ってみる。
 夕日のなか、見知らぬロンドンの町なかをバスまかせで走っていると、しばらくして渋滞にはまる。
 別にもう帰るだけなので、イライラなくもなく、ただボーと外を眺めていると、そこには見覚えのある光景が…。…Brompton Cemeteryの前で車が渋滞していたのだった!
 「最後まで天使に呼ばれているのなら仕方ない。もう撮影するつもりはないけれど、御挨拶だけをして明日、ロンドンを発とう。」そうふっと思い立ち、衝動的にほとんど停車しているバスを降りてみる。軽い気持ちで「ありがとう」と、一言だけ言うつもりだった。
 でも、墓地に行ってみて驚いた。
 夕日が死ぬほどきれいなんだ!黄金に染まった黄昏の中、天使たちが祈っている。それはそれは天国の光景だった。かなり疲れていたにもかかわらず、そんなことは一気に吹っ飛んでしまいカメラマンとしては、こういう光景は撮らずにはいられない。 
 ほとんど狂ったようにシャッターを切りはじめる。いい夕日と出会える時間はものすごく短い。
 大急ぎで撮る。
 あまりにも気分が高揚し慌ていたこともあり、10枚ほどフィルムを入れずに切ってしまう。こんな痛恨のミスはプロとして、やった事はないのに、そんな自分を責めるひまさえもなく、心の中で「Thank you…Thank you very much」と言いつづけてとり憑かれたように撮る。明らかに、あの時私の精神の半分はどこかへ飛んでしまっていた。天国を見た瞬間だった…。

 今、思い返してみると、きっとあの時、Brompton 墓地の天使達が「今、夕日がきれいだから来てみなさい。」と導いてくれたにちがいないと確信に近い直観がある。本当に、感謝だった。
 ここの天使達はいつもやさしい。少しも恐くない。毎回僕はここに来て元気になる。かなりパワーがあり不思議な場所。
 はじめて僕が霊的存在を感じたところ。5年来、ずっと僕の部屋の壁に貼ってある天使の写真があるのだが、それはここに居る天使。
 ここには今まで3度も訪れているのになぜか一度も碑文は読まなかった。1895年 28才で亡くなった女性。僕がはじめてこの人に出会ったのも28才の時だ。しかも13日に亡くなっている。また、13だ。ホテルの部屋番号も13、さらにロンドンを去る日も13日の金曜日13時。(註:この旅ではその他にも 13という数字にものすごく縁のある不思議なものだった。) 
 13と言う数字に関して、ジョーゼフ・キャンベル先生も興味深い事を言っている。

 『13という数字は変身と再生の数字です。最後の晩餐に連なったのは12人の使徒とキリストで、そのキリストはいったん死んで、また生き返ることになりました。13という数字は12という限界範囲から脱出して超越界に入ることを示す数字です。』

 そして、タロットでは死神の数。あの大鎌で光の国へ行ける魂だけを選んで刈っていく、本当は天使の数。僕もカメラという大鎌を持って、1カット、1カット 選んで刈って行く死神。もちろんこのカードには再生、復活という意味がある。

緑の芝生

$『Talking with Angels』西洋墓地の天使像 : 岩谷薫-10_3_12 このままでは、釣りブログになってしまうので、早々に軌道修正。笑!
 3月の今頃にもロンドンに行ったことがあります。まだ冬の気配のある中、どの墓地に行っても芝生だけは御覧のように青々として妙に美しいのです。
 この写真は『Talking with Angelsーロンドンの天使達ー』の53ページにある、モノクロ写真と同じ光景です。あれは芝生が雪のようにキレイでしょ。
(今、放送してるか解らないけど、最近まで福山雅治さん出演のキューピーマヨネーズのコマーシャルに、雪のように白い森が映っていますが、あんな感じです。)
 赤外線フィルムを使うと、緑の葉が雪のように真っ白に幻想的に写ります。  でもカラーもキレイでしょ…。
 今ではパソコンで簡単に出来てしまうワザですが、当時はフィルム時代だったのでカラーと赤外用のカメラを二台もって撮りました。赤外線は可視光線と屈折率が違うので、強いフィルターを使ったり、ピントをズラしたりの作業が大変でした。
 赤外線や紫外線のように見えない光線もあるわけで、虫や獣、天使もまた違った光景を見ているのかもしれませんね。


ポワンとしてきれい

$『Talking with Angels』西洋墓地の天使像 : 岩谷薫-10_2_25_記事 やっと、少し暖かくなってきましたね。ロンドンにも今頃、写真のような水仙の花が咲き始めていることでしょう。水仙の意味については説明しましたよね。
 ロンドン人はこの花を見ると、春の訪れを感じるそうです。
 なんとなく、別世界のようにポワンと美しい写真なので、アップしてみました。 夢でよくこんなシーンをみましたよ。
 写真集には紹介していない天使です。


お知らせ
メインブログを アメーバに変更しました→
写真集
笑とる仏
『笑とる仏ー播磨の石棺仏を中心にー』   谷村新司さん推薦!    播磨の珍しい石棺仏を中心に、素朴な笑顔の石仏の写真集。700年近くもやさしく微笑み続けている石仏達を、さまざまな仏教名言と共に紹介する。この深い笑みはきっと心に響くと思います。巻末には地図もありますので、実際、仏様に会いに行くこともできます。勿論、関西限定書ではなく全国に通じる心の本です。 実質、私の4冊目の写真集。(読み:ワロトルホトケ)
Talking with Angels-ロンドンの天使達
「Talking with Angels-ロンドンの天使達-」 
鏡リュウジ氏の推薦文より
『天使、天使、天使!
この世界は、耳をすませれば天使の羽音に満ち満ちていて、うるさいくらい。たとえ一人でいたって、僕たちは孤独になんかなれっこないのです。この写真集はそのことを伝えてくれます。』 
 

Talking with Angels-イタリアの天使達
「Talking with Angels-イタリアの天使達」
   イタリア19世紀のみごとな墓地彫刻の写真集。
ダンテの『神曲』にならい「地獄」「煉獄」「天国」を彫刻を介し視覚で巡ることができる、美しい天使の本。
プロフィール

岩谷薫

Author:岩谷薫
カメラマン
1995 個展『身体感覚』
1998 個展『Angels of Brompton-祈りのすがた』
2005 写真集『Talking with Angelsーロンドンの天使達ー』
2006 写真集『Talking with Angelsーイタリアの天使達ー』
2008年 スピリチュアル雑誌『Sundari 』記事執筆
『yaso ヴィクトリアン』studio parabolica記事執筆
2009 デジタル印刷すらできない悪質出版社に捕まり、三冊目の天使の写真集が出版不能に。入校データまで全て完成している状態ですので、もし第三集の出版を御検討していただける出版社がございましたら、メールフォームからお気軽にメールしてみてください。第三集は最高傑作なのですが…。
2011 写真集『笑とる仏』実質、4作目の写真集。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。